本文にジャンプします
メニューにジャンプします

見附テクノ・ガーデンシティに新たな企業進出

見附テクノ・ガーデンシティに新たな企業進出
(2016年2月19日更新)
調印式の様子
左から、久住市長、大和ハウス工業株式会社新潟支店長 井原健至 様、早福弘 県企業局長

 2月18日(木)、新幸町の見附テクノ・ガーデンシティ(県営中部産業団地)に、大和ハウス工業株式会社の進出が決定し、新潟県との間で進出協定及び土地売買契約を締結しました。
 大和ハウス工業(株)は、住宅等の建設業の他に、物流施設等の企画・設計・施工・販売等を行っている企業で、平成29年度内に建設工事が完成する予定です。
 取得する用地の面積は、約27,000平方メートル。用地の購入や建物の建設などに約42億円の費用を投じ、賃貸用の物流センターを建設する予定です。
 今回の企業進出により、見附テクノ・ガーデンシティへの進出企業数は55社、進出率は98.4%となりました。