本文にジャンプします
メニューにジャンプします

六角大凧製作は、いよいよ大づめ! 大凧伝承館で「絵付け」を実演公開。

六角大凧製作は、いよいよ大づめ! 大凧伝承館で「絵付け」を実演公開。
(2018年4月27日更新)
絵付け写真1 
 今年の「見附今町・長岡中之島大凧合戦」は、6月2日(土)~4日(月)の開催。大凧合戦で使用される六角大凧の製作場である「見附市大凧伝承館」では、いよいよ「絵付け」作業が始まります。
 大凧合戦協会製作部では、大凧伝承館開館日において、一般観覧者・観光客の皆様向けに作業の実演公開を下記の日程で行います。
 畳8枚分もの大きさを誇る六角大凧に、武者絵や美人画などが色鮮やかに描かれます。これまであまり見る機会のなかった凧絵師たちの見事な筆さばきを、ぜひ間近でご覧ください。

実施日時

4月28日(土)~30日(祝)、

5月3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、6日(日)~26日(土)の間の土・日曜・祝日

いずれも午前10時~午後5時(ただし、昼休みや随時休憩をとります)

実演者

見附市伝統技能マイスター・小杉勝美さんをはじめ凧絵師の皆さん

その他

絵付け作業そのものは、平日および夜間にも行われており、随時見学は可能です。見学の際は、近隣にお住まいの皆様に迷惑とならないよう、マナーへのご配慮をお願いします。