本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子どものインフルエンザ予防接種を助成します

子どものインフルエンザ予防接種を助成します
(2019年9月3日更新)

対象

見附市に住民票のある生後6か月から小学校6年生までのお子さん

助成内容

1回1,000円を助成します。(上限:年度内1人2回まで) 

費用

委託医療機関によって異なります。
委託医療機関にて、予防接種に係る費用のうち、助成内容の1回1,000円を差し引いた額が請求されます。

助成期間

令和元年10月1日~令和2年3月31日

※医療機関によって接種期間が異なります。

配布・周知方法

  • 令和元年10月1日時点で、生後6か月~小学校6年生までのお子さんには、9月上旬に郵送で助成金申請書兼請求書を送付しています。
  • 令和元年10月1日以降、生後6か月になるお子さんの助成金申請書兼請求書については、生後6か月になるまでにっ随時郵送で送付しますので、ご確認ください。

接種のために必要なもの

  1. 助成申請書兼申請書(対象者へ送付したもの・印鑑の押印が必要です。) 
  2. 保険証(提出を求められる場合があります)
事前に見附市の委託医療機関への予約が必要です。
委託医療機関一覧.pdf(154KB)をご覧ください。

早めの予約をお願いいたします

例年、インフルエンザワクチンの供給量の関係で、ワクチンの予約が受けられない、または終了することもあります。接種を希望する場合はお早めにご予約ください。また、医療機関一覧表の医療機関で予約が難しい場合は、それ以外での接種も可能です。その場合は、償還払いの手続きをご利用ください。

 

見附市の委託医療機関一覧以外の医療機関で接種をする場合(償還払いの手続き)

見附市の委託医療機関一覧以外の医療機関で接種をする場合は償還払いとなります。以下の持ち物を持って、市役所4階こども課までお越しください。
持ち物
医療機関からの領収書・保護者名義の金融機関の通帳・印鑑
受付日時
毎週月曜日~金曜日の8時30分~17時15分(土日祝日・年末年始を除く)
締切
令和2年3月31日(火)まで

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種は定期接種ではありません。希望される方が接種する任意の予防接種です。保護者がワクチンの有効性や安全性を十分に理解した上で、接種をしましょう。  

ワクチンの効果
予防接種により、インフルエンザの感染予防や、症状を軽くし、インフルエンザによる合併症や死亡を予防することが期待されます。
接種時期
流行前に接種が終わるように、10月から12月中旬までに接種を行うことが適当であるとされています。
接種間隔
2回接種する場合は、1回目の接種後、2~4週間の間隔をおき、2回目の接種を行います。

※このワクチンは不活化ワクチンです。接種後、6日間以上の間隔をあけて他の予防接種をすることができます。