当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)についてのお知らせ

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)についてのお知らせ
(2017年5月30日更新)

 平成25年度からヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)が定期接種になりました。
 なお、平成25年6月14日以降、は積極的には接種の勧奨を行わないことになりましたが、引き続き公費で接種していただけます。

 ワクチン接種の有効性や安全性、副反応などについては送付した資料を読み、医療機関で説明を聞き、十分に理解した上で接種しましょう。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)

対象者

中学校1年生に相当する年齢~高校1年生に相当する年齢の女子

注意事項

ワクチンは2種類あり、同じワクチンを3回接種します。
(接種を開始してからワクチンをかえることはできません)

接種券・予診表

接種を希望される方に渡しています。ご希望の方はこども課までご連絡ください。

接種間隔

有効性とリスク

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)後に症状が生じた方に対する相談窓口について

 新潟県では、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)後に症状が生じた方に対する相談窓口を下記のとおり設置することになりました。お心あたりのある方は、下記相談窓口にご連絡ください。

連絡先電話番号

衛生部門担当課

新潟県福祉保健部健康対策課 電話 025-280-5378

教育部門担当課

新潟県教育庁保健体育課 電話 025-280-5622

開設時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日を除く)

関連リンク