本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ほっとぴあが来場者10万人達成

ほっとぴあが来場者10万人達成
(2017年2月27日更新)
ほっとぴあ10万人達成記念式
 2月27日、みつけ健幸の湯ほっとぴあの来場者が10万人に達しました。
 昨年8月25日のオープンから半年での達成で、当初の目標を上回るペースとなっています。これまで、1日に平均約550人が訪れており、多い日には千人を超えるほどの人気ぶりです。ほっとぴあ店長の竹田祐紀さんは、「岩盤浴のロウリュウアトラクションの人気が日に日に高まっており、リピーターが増えています。また、ありがたいことに、お客様からスタッフの対応が良いという声をいただいています。今後も改善を続けながら、地域はもちろん、県内の人に愛される施設にしたいです」と話していました。整備の目的の一つである中心市街地の活性化についても、土日の商店街の歩行者数が11%増え、新規出店者も増えるなど、効果が表れてきています。
 10万人目となった石黒徹さん(新潟市)は妻のよし子さんと来場。10万人目と聞かされると驚いた表情を見せていました。市長の花束贈呈の後、ほっとぴあから記念品が贈呈されました。ほっとぴあに来るのは初めてと言い、「とてもきれいでびっくりしています。地域活性化にとてもいい取り組みだと思います。今日はロウリュウを楽しみに来ました。日頃の疲れをゆっくりと癒したいと思います」と話していました。

ほっとぴあでは10万人を達成して、無料の振る舞い酒や特別風呂などが味わえる「10万人達成ありがとう企画 ほっとぴあひなまつり」を3月3日から開催します。