本文にジャンプします
メニューにジャンプします

木造住宅の耐震設計費を補助します

木造住宅の耐震設計費を補助します
(2017年4月17日更新)

平成29年度木造住宅耐震設計費補助について

 見附市では、住宅の耐震改修に向けて耐震設計をされる方で、次の内容に該当する木造住宅を対象に耐震設計費用の一部を補助します。補助を希望される方は、申請書に必要事項をご記入のうえ、着手前にお申込みください。なお、設計着手後及び完了後の申込みは受付できませんのでご注意願います。

補助の対象となる住宅(下記の1~4のすべてに該当するもの)

  1. 市内にある既存木造住宅の所有者で市税等の公租公課に滞納がない者

  2. 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断された住宅

  3. 主要構造部(壁、柱、床、屋根)が木造である住宅(枠組み壁工法、丸太組工法及び木造高床式については、高床の部分は対象外)
  4. 併用住宅は過半以上が居住部分である住宅

補助対象事業

次のいずれかの工事を行うために必要となる耐震設計が対象です。なお、2と3については高齢者(65歳以上)又は障害者を含む世帯が行うものに限ります。

1.耐震改修工事(全体改修)

上部構造評点が1.0未満と診断された木造住宅を上部構造評点を1.0以上とするもの

2.部分耐震改修工事

上部構造評点が0.7未満と診断された木造住宅を上部構造評点0.7以上、または2階建て住宅の1階部分の上部構造評点を1.0以上とするもの

3.部分耐震改修後の全体改修工事

部分耐震改修を実施した木造住宅を上部構造評点1.0以上とするもの

申込み期間

平成29年4月17日(月)から平成29年12月28日(木)まで
※補助金交付申請額が予算に達した時点で受付を終了します。
※平成30年1月19日(金)までに実績報告書を提出してください。

補助額 

耐震設計に要する費用の2分の1(上限10万円)

申込み

市役所2階 建設課都市計画係
詳しくは建設課都市計画係TEL62-1700(内線250)までお問い合わせください。