本文にジャンプします
メニューにジャンプします

人生の節目に夢と可能性がふくらむ 成人式

人生の節目に夢と可能性がふくらむ 成人式
(2017年5月8日更新)
友人とピースサインをする新成人の様子
 5月3日、平成29年度の成人式が行われ、422人の新成人が大人への一歩を踏み出しました。雲の切れ目から春の日差しが顔をのぞかせる中、会場のアルカディアには、着物やスーツに身を包んだ新成人が集い、懐かしい旧友との再会を喜んでいました。
 見附市の成人式は、新成人の代表が実行委員となり企画・運営を行っています。今年はアトラクションとして、中学時代の思い出の写真を集めたスライドショーや恩師からのメッセージのほか、抽選で選ばれた新成人がステージ上でお題に沿って昔の思い出などを語る「語っていいとも」という企画も行われ、会場からは大きな歓声が沸き起こりました。
 式典では、新成人代表の板垣喜信さんが「今回、成人式という人生の節目を迎えましたが、私たちはまだまだ未熟者です。今日という節目の日を契機に、これまでの人生について考え、これから先の人生につなげていきたいと思います」と、力強いメッセージを発表しました。

※今年成人式を迎えたのは、平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれの422人です。
友人と一緒に自撮りする新成人の様子成人式実行委員の皆さん