本文にジャンプします
メニューにジャンプします

見附市九州北部豪雨支援金を清算しました

見附市九州北部豪雨支援金を清算しました
(2017年10月6日更新)
 平成29年九州北部豪雨災害により、被害を受けた九州地域の皆様にお見舞い申し上げます。
 市では、被災自治体の要望に沿った支援につなげるため、7月10日から9月30日まで支援金の募集を行いました。市民の皆様、企業、学校、各種団体などから多くの支援金が寄せられ、災害発生直後の物資不足に一定の役割を果たすことができました。皆様の温かいご支援、本当にありがとうございました。
 このたび、見附市九州北部豪雨支援金を清算しましたので、報告します。
 使用用途については以下のとおりとなります。また、支援物資の購入にあたっては、一部、市の予算も使用しています。

皆様からお寄せいただいた支援金の額

 113,899円

支援金の使用用途

 7月19日に、福岡県東峰村への支援物資として、土のう袋3,000枚、ブルーシート30枚、飲料144本を送りました。
 支援物資にかかった総額134,292円のうち113,899円分を支援金により支援させていただきました。

※なお、日本赤十字社の義援金は引き続き受付を行っていますので、温かいご支援をよろしくお願いします。
日本赤十字社義援金のページ(見附市ウェブサイト内の別ページリンク)