本文にジャンプします
メニューにジャンプします

バトントワリングで世界一になった恩田梨央さんに市スポーツ栄誉賞

バトントワリングで世界一になった恩田梨央さんに市スポーツ栄誉賞
(2018年3月16日更新)
記念撮影の様子
【写真】左から、久住市長、恩田梨央さん、万里子さん(母)

 3月14日、バトントワリングで世界一になった恩田梨央さん(南本町2、帝京長岡高校3年)に市スポーツ栄誉賞が授与されました。スポーツで優秀な成績を収めた市民を表彰するもので、バトントワリングでの受賞は恩田さんが初めてになります。
 恩田さんは、ペアの倉内美紅さん(長岡市)と第9回WBTFインターナショナルカップ(昨年8月、クロアチア)にペア部門で出場。2人で一糸乱れぬ美しい演技を披露し、出場ペアの中で唯一、審査員全員から8点台の高得点をマークして優勝しました。
 今回の受賞について恩田さんは、「小さいころから頑張ってきたバトントワリングで、このような賞をいただけて本当にうれしいです。世界一になれたのは、ペアの美紅とうれしいことや辛いことなど、さまざまなことを乗り越えてきたからだと思います。バトントワリングを通して得た経験は一生の宝物です」と話しました。

広報見附10月号に恩田梨央さんの特集記事を掲載しています

恩田さんの生い立ちや、世界一をつかむまでのエピソードなどを掲載しています。ぜひご覧ください。