当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

夏にうれしい贈り物 富山県入善町からジャンボすいかが届きました

夏にうれしい贈り物 富山県入善町からジャンボすいかが届きました
(2019年7月25日更新)

スイカを堪能する来館者たちの様子

 7月23日、富山県入善町から市に贈られてきた特産品「ジャンボすいか」を振る舞う催しがネーブルみつけで行われました。
 見附市と富山県入善町は平成18年から災害相互応援協定を結んでおり、互いの友好の証として、入善町からはジャンボすいかを、見附市からは笹団子を、毎年夏に贈りあっています。ジャンボすいかの重さは約7キロで、直径は最大約30センチメートル。約80人分に切り分けられたすいかは、家族連れや健康運動教室の参加者などに配られ、受け取った人たちは甘味がのったすいかを堪能していました。

大玉スイカを持ち上げようとする来館者。大きくて甘い一方、持ち上げるのは一苦労。

ジャンボスイカを持ち上げようとする来館者の様子

切り分けるのも数人がかり

スイカを切り分ける様子