本文にジャンプします
メニューにジャンプします

地域の未来を守る活動が評価 田井小学校が新潟県環境賞を受賞

地域の未来を守る活動が評価 田井小学校が新潟県環境賞を受賞
(2019年11月12日更新)

記念撮影の様子

 地域における優れた環境保全活動を表彰する「環境に関する表彰」で、田井小学校が地球温暖化部門で新潟県環境賞を受賞しました。市内小学校が受賞するのは、平成26年の上北谷小学校以来5年ぶり。11月12日には、代表児童2人が長谷川教育長に受賞を報告しました。

 田井小児童は「EWS TAI!(ECO WELLNES SCHOOL TAI)」を合言葉に、教職員や地域の人と協力して環境保全活動に取り組んできました。児童は、各種朝会での呼びかけやポスター掲示などを通して電気使用量を前年比9パーセント削減。裏紙や古封筒を再利用し、新年度の学校封筒注文数「0」も達成しました。他にも、2年前から全校児童や地域に呼びかけ約3万個のペットボトルキャップを回収し、6年前から校地内で植樹・環境整備活動にも取り組んできました。
 受賞を報告した6年生の長谷川茉耶さん(田井町)と平井花菜羽さん(椿澤町)は、「自分たちや地域の人たちの活動が認められてうれしいです。田井町が自然豊かな町になるように、これからも活動を続けていきたいと思います」と話していました。