本文にジャンプします
メニューにジャンプします

見附今町・長岡中之島大凧合戦 今町凧民謡

見附今町・長岡中之島大凧合戦 今町凧民謡
(2013年8月9日更新)

今町凧民謡

 昭和4年春、北原白秋氏に委嘱して「今町凧民謡」ができあがり、舞踊家花柳徳次氏の振り付けにより舞踊が完成しました。
 この発表にあたり、民謡作曲家町田嘉章氏の指揮で今町芸奴連が東京愛たご山(NHK)で全国放送をおこないました。
 当時のラジオは、鉱石ラジオで朝顔型の大ラッパ付き、音量、音質とも悪く何とか音が出る程度のものでした。今町でラジオのあった家は10数軒しかなく、放送当日、人々はラジオのある家に集まり放送を聞いたそうです。
 また、日本レコード、ワシ印の製盤で、レコードにも吹き込みをおこないました。

よっしょい節(今町凧民謡)

作詞/北原白秋  作曲/町田嘉章
        
     1.
        越後今町 男の盛り ハヨッショ
        凧のいくさは ヨッショイショイ
        意気でやる 意気でやる
        ハアヨッショイ~~イナ

    2.
        ヨイショヨイショと矢声があがる ハヨッショ
        凧は今町 ヨッショイショイ
        中之島 中之島
        ハアヨッショイ~~イナ

    3.
        風よ吹け吹け百枚張よ はづめ ハヨッショ
        晴れよ晴れよ ヨッショイショイ
        守門山 守門山
        ハアヨッショイ~~イナ

    4.
        あげたあげたよ ゆらりとあげたハヨッショ
        しかも百枚張の ヨッショイショイ
        大凧を 大凧を
        ハアヨッショイ~~イナ

    5.
        やっさからんだ そらきた走れ ハヨッショ
        意気は今町 ヨッショイショイ
        滑車でなる 滑車でなる
        ハアヨッショイ~~イナ

    6.
        憎くやかわいや 刈谷田川の ハヨッショ
        川の真上を ヨッショイショイ
        風が吹く 風が吹く
        ハアヨッショイ~~イナ