本文にジャンプします
メニューにジャンプします

心やすらぐ「みつけイングリッシュガーデン」開園

心やすらぐ「みつけイングリッシュガーデン」開園
(2009年6月29日更新)
イングリッシュガーデン1
 6月26日(金)、みつけイングリッシュガーデンがオープン。正面ゲート前で行われた式典には、ガーデンのデザイン監修をしたケイ山田さん、駐日英国大使館や国、県の関係者、また、園内の特色あるトイレ空間を設計した小林純子さんなどが来賓として訪れました。また、ガーデンのサポーターであるナチュラルガーデンクラブや緑化活動を行っている団体、それに、このオープンを知って駆けつけた市民の皆さんも加わり、約300名が、新しい憩いの場の誕生を祝いました。
 ケイ山田さんは、「ナチュラルガーデンクラブの方たちの活動と仕組みがすばらしいと思います。園内の木が大きく育つには、まだ年月がかかると思いますが、その育った植物がまた景観を良くしていきます。長い目で見て、見附市民の皆さんが、自分の庭と思って育てていってほしいと思います」と話していました。 
ケイ山田さん 
「私は、デザインはしましたが、このお庭に魂を吹き込むのは見附市民の皆さんです」とケイ山田さん。
  
テープカット  
久住市長や来賓の皆さんによるテープカットが行われると、公園入口のゲートが開けられ、会場からは大きな拍手が起こりました。
    
シンボルツリー植樹風景  
シンボルツリーの植樹では、市内の小中学校からの子どもたちも参加して、ケイ山田さんと一緒に植樹を行いました。植えられたのはベニバナトチノキ。来年の5月から6月ごろには美しい紅い花が見られます。
 
  ケイ山田さんの説明
  式典終了後、会場にいた人たちは、ケイ山田さんの案内で、園内を巡りました。