本文にジャンプします
メニューにジャンプします

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ
(2017年7月14日更新)

「先輩からのメッセージ」 

成長の源は「感謝」の気持ちと思いやり!

平成28年度採用
健康福祉課 国保・医療係 主事 近藤 健太 【平成28年度採用】

自分の仕事とやりがい
 私は、健康福祉課の国保医療係で勤務し、「国民健康保険」や「後期高齢者医療制度」など医療保険関係の事務処理や窓口・電話対応を日々行っています。
 主な業務として、国民健康保険の医療費の還付を中心とした職務に従事しています。見附市では、高齢者の増加に伴い、医療費も増加しています。高額療養費に該当する方も増えており、自己負担金の一部を還付する業務では、非常に強い責任感を感じながら取り組んでいます。
 また、窓口・電話対応をする中で市民の皆さんから「ありがとう」と感謝のお言葉をいただくと、私自身も「ありがとうございました」と感謝の気持ちが芽生え、心身共に「健幸」になれることを入庁以来、日々実感しております。当たり前なことですが、何事にも「感謝の気持ちと思いやり」を忘れずに、見附市と共に私自身も成長していきたいと思います。

見附市職員を希望される方に
 市職員として思うことは、仕事や部活・ボランティアなどを通して市民の皆さんや職員と様々な出会いがあり、日々成長させていただいていることです。出会いや繋がりを大切に職務に取り組んでおります。
 見附市は市民の繋がりが深く、心温かい街です。「故郷は見附です!」と胸を張っていただけるようなまちづくりのため、是非一緒に見附市役所で働きましょう!よろしくお願い致します!

 

市民との協働を目指して業務に取り組んでいます。

 平成28年度採用

まちづくり課 北谷公民館 主事 石川 大介 【平成28年度採用】

自分の仕事とやりがい
 私の公民館での主な仕事は、公民館に関する業務と地域コミュニティに関する業務の2つです。公民館に関する業務では、各種講座や行事の企画・運営、施設の管理が主な業務です。公民館は社会教育の中核を担っており、小学生からお年寄りまで年齢を問わず多くの市民が集い、学んでいます。その学びをサポートして、人と人とを結ぶことで地域の教育・文化の振興に寄与しています。
 公民館での仕事は常に相手の顔が見えます。そして正解がひとつとは限らないものが多いです。自分の考えたものが実現でき、利用者に喜んでもらえると嬉しいです。市民の方々に顔と名前を覚えてもらい、それが将来的に大きな財産になると思ってがんばっています。

見附市職員を希望される方に
 見附市は職員数が多くはないため、1年目から多岐にわたる業務を経験させてもらえます。それだけさまざまな人との出会いもあり、自分自身の成長にもつながると思います。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

 

見附市民のくらしを支えています!

平成27年度採用職員
 税務課 民税係 主事 五十嵐 由衣 【平成27年度採用】

自分の仕事とやりがい

 民税係では、個人市民税をはじめ、法人市民税・軽自動車税や、国民健康保険税・介護保険料・後期高齢者医療保険料等、ひとつの係で非常に沢山の業務を扱っています。
 その中でも、私は介護保険料と後期高齢者医療保険料を担当しています。具体的には、年に二度(4月と7月)保険料額の決定通知書を発送し、その後は毎月中旬に保険料額の変更があった方への通知、その変更に伴う還付の作業を行っています。また、2月中旬からは確定申告と住民税申告の受付を係全体で行っています。
 市民の方々の大切なお金に関わる仕事なので、常に強い責任感と緊張感を持ち業務に取り組んでいます。何かのサービスを提供出来る部署ではないため、感謝されることは少なく、むしろ厳しいお言葉をいただくことも多々あります。それでも、日々の業務の中で、見附市民のくらしを税金・保険料を通して支えているのだと実感しています。


見附市職員を希望される方に

 私は市外出身のため、見附市職員として働くことに最初は不安もありましたが、先輩方・同期入庁の職員そして地域の方々から日々刺激を受けて、仕事も私生活も充実して過ごしています。

小さい市ですが、新潟県のどまんなかにある活気あふれるまちです。見附市をより一層輝かせるために、是非見附市職員として一緒に働きましょう!


自分自身も成長できる仕事にやりがいを感じています。

平成27年度採用
健康福祉課 健診・予防係 保健師 根布屋 香織 【平成27年度採用】

自分の仕事とやりがい

健診・予防係では、住民健診を中心とした生活習慣病予防や、精神保健、感染症予防など、住民の皆さんの健康づくりを担っています。私は主にがん検診を担当しており、検診の運営や報告業務など、慣れない事務仕事もありますが、職場の皆さんに指導してもらいながら、チームワークで日々仕事をしています。
 保健師の仕事は健診や家庭訪問の場面など市民の皆さんと接する機会が多く、責任も大きい仕事ですが、みなさんと健康について意識を共有できた時や、感謝の声をかけていただいた時など、やりがいを感じることも多いです。


見附市職員を希望される方に

 保健師として仕事をする中で、悩むこともたくさんあります。しかし、その度に市民の皆さんや職場の人から指導していただいたり、ケースを通して新たな知識を身に付けたりと、仕事をしながら自分自身が成長できることが保健師の仕事の魅力だと感じています。

見附市民の皆さんの健康づくりのために一緒に働いてみませんか?


市民との協働を目指して業務に取り組んでいます。

平成26年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は公民館に関する業務と地域コミュニティに関する業務を行っています。
 一つ目の公民館業務は、各種学級講座の計画や運営、公民館の施設管理が主な仕事です。公民館は地域住民が集い学ぶ場であり、小学生からお年寄りまで年齢を問わずに多くの市民が来られます。その学びのサポートをして、人と人を結ぶことで地域の教育・文化の振興に寄与しています。
 二つ目の地域コミュニティに関する業務は、地域コミュニティで行われている各種事業に取り組んでいます。地域コミュニティでは、交流イベントの開催や安心安全に暮すための防犯・防災の取り組み、住環境の整備、伝統文化の継承など、地域の特色を活かした取り組みが進められています。身近に感じる課題を市民と行政の異なる立場から一緒に考え、解決のために活動しています。
 どちらの仕事も市民の方々の声を直接聞くことが出来るため、常にやりがいをもって業務に取り組むことが出来ます。

見附市職員を志望される方に
 私は見附市出身で、市内のことはほとんど分かると思って生活してきていたのですが、見附市役所で働き始めてみるとまだ知らないことはたくさんあることに気づかされました。
 例えば、ウォーキング活動が盛んで、各地区のふるさとセンターを起点に健幸ウォーキングマップが設定されていることや、地域コミュニティが運動会を盛り上げていたり、花火を打ち上げたりと地域活動が盛んなことが分かりました。これからも働いていくうちに見附市の良い所に気づいていくでしょうし、それが見附市で働くことの良さだと感じています。面積としては小さな市ですが、魅力がたくさん詰まっている見附市で働いてみませんか。


健幸な笑顔!それが私の原動力!

平成26年度採用職員メッセージ
自分の仕事とやりがい
 高齢福祉係では高齢者向けの教室運営、福祉サービス等の提供をし、高齢者がいつまでも健幸で暮らしていけるようにサポートをしています。
 私の主な業務には「避難行動要支援者名簿」の作成作業があります。聞き慣れない言葉ですが、災害時に支援が必要な高齢者等がどこにいるのかを把握する名簿を作成しています。災害時に使用する名簿なので非常に強い責任感を持ち作成をしています。この名簿の作成には多くの市民の方々からのご協力をいただいます。
 また他の業務でも多くの高齢者やそのご家族の方々とお会し、皆さんの笑顔から毎日元気をもらっています。
 多くの見附市民の方々が健幸に興味を持ち、健幸でいるため日々職務に取り組んでいきたいと思います。

見附市職員を志望される方に
 市職員は仕事を通して様々な出会いがあり、そこで多くの成長を実感できると思います。
 見附市民また見附に訪れた方に「見附市は最高だ!」と思ってもらえるような街にするため、是非一緒に働きましょう!お待ちしております!


見附市を守ることに、責任感とやりがいを感じています。

平成26年度採用職員

メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は、市民の方々の安心安全な暮らしを守るため、日々訓練に励んでいます。
 火災、救急、救助等様々な現場に出動し、訓練で得たものを生かして活動しています。現場に出動する度に成長を実感でき、とてもやりがいを感じています。その他にも、各課ごとに分かれた事務仕事、119番通報に対応する通信業務、防火・防災を促す防火広報や予防査察など様々な業務があります。頼れる先輩方に指導をいただきながら、日々勉強中です。

見附市職員を志望される方に
 消防の業務は、危険を伴うことが多いです。そのため、冷静な心と、強い精神が必要です。しかし、市民の方々からの信頼が厚く、大きなやりがいを感じられます。
 また、見附市は過去二度の大きな災害に見舞われ、防災に対する意識の向上を図っています。市民の方々の安心安全のために、ぜひ私たちと見附市を守っていきましょう。


笑顔を大切にご利用者様の生活を支えています。

平成26年度採用職員
メッセージ 
自分の仕事とやりがい
 介護の仕事は、福祉サービスを必要としている人に食事・入浴・排泄・更衣等の日常生活動作を支援し、心地よい生活を支えています。
 何らかの理由でできる事とできない事があります。そのできない事をご利用者様の尊厳を尊重し、大切にしながら一人ひとりのニーズに合わせてケアを行っています。
 仕事をしていてご利用者様の笑顔をみると穏やかな気持ちになり元気を頂き、また多くのご利用者様との出会いがあり、日々一緒に過ごして介護をしていくうちに色々な話を聞きさまざまな人生観を知ることが出来て、勉強になっています。
 介護をしてお礼を言って下さると役に立つことが出来たという喜びが生まれ、必ずしもお礼を言われませんが、ご利用者様とふれあうことがやりがいにつながっています。

見附市職員を志望される方に
 見附市では医療・介護に力を入れ市民を大切に支えています。人が好きな方、介護に興味を持っている方、介護という仕事を沢山経験できます。ぜひ一緒に働きましょう。
 

農業者の為、見附市民の笑顔の為、そして自分の為に業務に励んでいます!

平成25年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい

 農業振興係では市内農業者の皆さんへの各種補助事業の事務を中心に、地域農業の担い手となる方への支援や農畜産物の生産振興、病虫害及び有害鳥獣駆除など様々な業務を行っています。また、平成258月にオープンした道の駅「パティオにいがた」の主管課として直売所の販売拡大や集客の為のイベント業務なども行っています
 
補助金が絡む事業は市内農業者の皆さんの生活に直接関わるため、緊張感が常にありますが、それだけに事業が完了した際の高い達成感もあります。
 また、道の駅でのイベント業務では、気球搭乗イベントや野菜収穫体験イベントなど数多くのイベントを開催しており、市民の皆さんに楽しんでいただいていると同時に、その笑顔に自分自身が元気をもらっています
 農業をとりまく環境が激変している中、見附市の農業がより良い方向へ進むように農業者の皆さんと共に考え日々努力している、大変やりがいのある係です。

見附市職員を志望される方に
 見附市は県内の市町村の中でも高い自立(自律)性を持っています。防災・減災にむけた取り組み、地消地産の推進、まちなか賑わいづくり、スマートウエルネスシティの推進などなど、オンリーワンをめざし自分たちでまちづくりをしている誇り高い市です。そこで働く事は自分自身の誇りにも繋がりますし、仕事へのモチベーションにもなります。やりがいのある見附市役所で是非一緒に働きましょう!!



裏方として市役所業務の根幹を支えています。

平成25年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい

 市役所内の基幹システムやネットワークの運用・維持管理、機器の調達、近隣地域が同じ業務システムを利用する共同化(自治体クラウド)等幅広い業務を担っています。

その中の1つ「基幹システムの運用、維持管理」を紹介します

 基幹システムとは、住民情報や税等を管理するシステムです。各担当課(市民生活課や税務課等)でシステムトラブルや要望があった場合に、状況を的確にシステム業者へ伝えて解決へ導いたり、業者の方々と連携して行う業務改善の進捗管理をしたりしています。
 情報管理係は、市民の方と直接関わることはほとんどなく裏方の仕事ですが、市役所内の基幹システムやネットワークなど市民サービスを行う上で重要な「根幹」を支えています。

見附市職員を志望される方に

 見附市は小さなまちなので市の流れが明確で施策がダイレクトに反映されます。職員としては仕事の結果を、市民としてはまちの勢いを感じられると思います。

 
見附市は新潟県の「どまんなか」に位置します。新潟市へ遊びに行くにもBBQをしに海に行くにも、ウィンタースポーツを楽しみに雪山へ行くにもあっという間です
仕事もプライベートも充実できる見附市で働いてみませんか。


ガス・水道の安定供給に携われることに誇りとやりがいを感じています。

平成25年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 管理係は、ガス・上水道に関する経理事務や文書の処理が主な業務です。またガス漏れ等が発生した場合に、現場に出動し保安処理を行うこともあります。 
 普段の業務を行う上では事務処理の実務だけではなく、ガスや水道に関する多岐にわたる内容を頭に入れておく必要があり、浄水場やガス供給所など他の係との連携も欠かせません

 市民の方々のライフラインを預かる存在として、デスクにおいても現場においても適切な処理が行えるよう勉強の毎日ですが、納得のいく対応ができた際は大きなやりがいを感じます。

見附市職員を志望される方に

 我が国は今後人口減少が予想され、見附市も例外ではありません。地方自治体は厳しい社会の変化にさらされることは想像に難くなく、ガス・水道事業をはじめとした市役所の業務も時代に適合していく必要があるでしょう。変わりゆく社会情勢の中でも見附市がより住みよく、市民の方が誇れる街となるよう、志を持ったみなさんとともに働くことができたらと思います。


利用者様・患者様の笑顔を糧に日々奮闘しています。 

平成25年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい

 私はケアプラザと市立病院で兼務の形で、脳卒中後の言語障害や様々な原因による嚥下(飲み込み)障害、認知機能評価等を行っています。初の正職員の言語聴覚士ということで、正確に評価できる方法を導入したり、看護師・介護に携わる職員への研修会を行ったり、啓発活動にも力を入れています。

 一歩間違えば命に関わることでもあるので緊張を伴う業務ですが、その分食べることができるようになった方の笑顔を見ることができることは最大のやりがいです。


見附市職員を志望される方に

 見附市の医療・介護の中核施設であり、市民の方々の心身ともに支えられるよう日々職員は奮闘しています。命に近い現場であり大変ではありますが、沢山の頼りになるベテランの先輩方がいてくれるので大きい安心感の中で、仕事をすることができる場所です。

 また子育てもしている私は子育て支援制度も利用させていただき、仕事との両立もできます。小さい子供を持つママも安心して働くことができる、職員にとっても大変魅力的な見附市で一緒に働けることを楽しみにしています。


産業を活性化させ地域を元気にするため日々奮闘しています!

 平成24年度採用職員 
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 産業企画係では市内企業の活性化を支援するため様々な支援を行っています。その中でも私は融資制度の窓口、起業支援、企業支援情報の発信など様々な業務に携わっています。
 業務の大きな特徴としては市内の事業者の方や金融機関の方と直接お会いして生の声を聞けることです。そういった方々の課題やニーズを的確に捉えて、市の制度だけではなく、市外の制度も活用しながら市内の産業を支援していくことが我々の使命だと思っています。
 その他にも市内の産業を活性化させるために新しい仕事に取り組むことができるのも特徴で、やりがいがありその分楽しみも多くあります。

見附市職員を志望される方に
 市役所では、仕事を通してたくさんの人との出会いがあり、そこから自分の可能性を広げていくことができると思います。
 市職員として見附市のために出来ることは無限大です!市民のみなさんから「見附に住んでいて良かった」と思ってもらえるような見附市にするために、ぜひ一緒に見附市で働いてみませんか。

住みよい環境が形成されたときには大きなやりがいを感じます

平成24年度採用職員 
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は、主に住宅分譲地等の宅地開発を行う事業者の計画に対して適正な開発、言い換えれば住みよいまちづくりが行われるよう審査しています。開発地の規模によっては新たに道路が築造されたり公園が計画されたりと広範囲に渡る知識が必要となります。
 事業者の計画に対して庁内各課と連携して意見を出してもらい、それを取りまとめて事業者と協議を行います。事業者と市とのまちづくりに対する想いが合致し、その結果、住みよい環境が形成されたときには大きなやりがいを感じます。

見附市職員を志望される方に
 市役所はまちの集合体のようなものだと感じています。市民の方からの様々な声が集まり、多岐にわたる部署がそれに向かって動きます。
 すぐに解決できること、解決には時間がかかること、様々ですが、私たちが向かう先は、市民の方にとって見附市は住み心地がよく胸を張って歩けるようなまちである。という状態を生み出すことだと思います。そして、まちが成長していくにつれてそれが自分の成長にもつながります。
 みなさんと一緒に仕事をする日々が来ることを心待ちにしています。


市民の方と直接関わりながら「健康」を守る仕事ができることに、大きなやりがいを感じます。

平成24年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は主に、高齢者の健康づくりを支援する「介護予防」の仕事を担当しています。
 具体的には、寝たきりや認知症などを予防するための教室運営、高齢者への訪問、老人会での健康づくりの講話などです。
 教室運営やケースの対応など、実際に経験して学ぶことが多く、悩むこともたくさんあります。しかし、市民の方一人一人に直接お会いして、悩みを聞き、その方にあった支援ができることにとてもやりがいを感じています。 

見附市職員を志望される方に
 保健師は、市民の方の健康を維持・増進するための支援を行う役割を担っています。健康はその方の人生で重要な事柄であるため、仕事をするうえで悩むこともたくさんあります。
 けれども、先輩や市民の方から様々なことを教わりながら、保健師としてだけでなく自分自身も成長することができます。また、見附市は市民の方と顔の分かる関係を作りながら仕事ができるので、たくさんの方の「ありがとう」と笑顔に接しながら、大きなやりがいを感じることができると思います。
みなさんと一緒に、楽しく仕事ができる日を心待ちにしています。


こどもたちの楽しく食べている笑顔に大きなやりがいを感じます! 

平成24年度採用職員 
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は管理栄養士として、出産を迎える妊婦さんから幼児期までのこどもたちの栄養・食事の指導や相談をしたり、保育園給食や食育に係る仕事をしたりしています。
 離乳食を上手にゴックンできたり、箸の持ち方が上手になったり、苦手だった野菜が食べられるようになったりと、こどもたちの発育、成長を感じることができる職場です。
 こどもたちだけでなく、保護者の方との関わりも多く様々な相談があります。寄り添った支援ができるよう、試行錯誤の毎日ですがとてもやりがいのある仕事です。

見附市職員を志望される方に
 私のモットーは、「生きること」=「食べること」です。おいしいものを食べると笑顔になります。笑顔は幸せの象徴。おいしい顔、笑顔あふれる『日本一健幸なまち』見附を目指していきましょう。


人生に欠かすことができない「健康」を守る仕事ができることに大きなやりがいを感じます。

平成23年度採用職員
メッセージ 
自分の仕事とやりがい
 私は、主に「運動」を通じて市民の健康の維持増進の手助けをする仕事をしています。
 具体的には、健康運動教室の運営、ウォーキングロードの作成・普及、健康に関わるイベントや講演会の開催などです。私の仕事は定型的な事務よりも、自分で考え実行する仕事が多く試行錯誤の連続です。
 しかし、大学、企業、市民の協力者と連携しながら、自分が一番大切だと思う「健康」を守る仕事ができていることに大きなやりがいを感じています。

見附市職員を志望される方に
 市役所の業務は多岐にわたり、幅広い分野で経験を積むことができます。仕事が変わった直後は一から学ぶことが多く非常に大変ですが、覚えた知識は無駄にはならず、質の高い行政サービスの提供につながっていきます。市役所で働くことの魅力は、引き出しの多い社会人として成長できること、実生活でも役立つ知識を得られることだと思います。
見附市のさらなる発展のため、そして、自分の能力を伸ばしていくため、一緒に見附市役所で働きましょう。

 

市民の方々に近いところで、具体的な対策・対応に取り組むことに、やりがいを感じます。

平成23年度採用職員 
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は現在、企画調整課防災担当として、市の災害対策に関わっています。
 災害対策について大まかな分け方をすると、災害の発生を未然に防ぐ対策と、発生した場合に被害を抑えるための対策とに分かれます。市町村が行う災害対策業務では後者の対策の中でも特に、市民の方々の行動や安全確保に直接影響するものが多い点が特徴です。具体的には、市民の方々参加による防災訓練の企画や災害ハザードマップを使った知識の普及、また発災時の避難情報の発令・伝達に関するものなどが挙げられます。
 切迫した状況での仕事もあり大きなプレッシャーを感じもしますが、市民の方々に近いところで具体的な対策・対応に取り組むことができ、やりがいもまた大きいと思っています。

見附市職員を志望される方に
 見附市では平成16年の水害・地震、直近でも23年の水害と近年幾度かの大きな災害に見舞われており、その経験を活かしたさまざまな対策を、各課の連携により進めています。
 今後も継続していくもの、新たに持ちあがってくるものなどさまざまな課題がありますが、災害に強いまちづくりのために、自分が出来ることを前向きに取り組んでいきたいと考えています。
みなさんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

 

子ども達の可愛い笑顔が、毎日の仕事のやりがいです!

平成23年度採用職員 
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私は、市立保育園で保育士をして働いています。
 「先生、おはよう!」と毎日元気いっぱいに保育園に来る子ども達から、パワーをたくさんもらっています。様々なことに目を輝かせながら挑戦したり、今まで出来なかった事が出来るようになったり、と“生きる力”あふれる子ども達の側にいられる事は、この仕事のやりがいだと思います。今は、保育園が担う“子育て支援”を先輩の先生方の姿を通して勉強中です。

見附市職員を志望される方に
 保育士の仕事は、日々子ども達と関わるだけでなく、保護者の方、また地域の方々との関わりがあり、ご協力いただきながら一緒に子ども達の成長を見守っています。
 見附市も“子育てするなら見附”というスローガンのもと、『挨拶』『お手伝い』『絵本』『花と緑』に力を入れた『四つ葉運動』など、様々な活動を通して子ども達の成長と、また子育て支援にも力を入れて取り組んでいます。
 まずは“見附が大好き”という気持ちが大切!その気持ちで“見附大好き”な子ども達づくりを一緒にしていきましょう。

 

市民の方々と直接触れ合える仕事には、大きなやりがいを感じます。

平成23年度採用職員
メッセージ
自分の仕事とやりがい
 私の職場は良い意味での先輩後輩のメリハリがあり、日々の訓練には厳しい指導の時もありますが、今までの災害現場での経験が豊富なため本当に頼れる先輩方ばかりです。
 日常の仕事は消防訓練や救助訓練の他にも、課ごとに分かれている事務仕事、市民の方々に覚えてもらい実践していただきたい救急救命講習、防災を促す防火広報、予防査察等、一般の市民の方々と直接接する時もあります。市民の方々と直接触れ合うことのできる仕事は自分の成長にも繋がり、大きなやりがいを感じます。

見附市職員を志望される方に
 消防職員は、強い精神・忍耐力が必要になる職業です。しかし、市民の方々の信頼も厚くとてもやりがいのある職業です。
 また、見附市では水害・地震と二つの大きな災害を経験しており職員一人一人が消火活動の他にも救急、救助といった幅広い分野での活動ができるため、必ず自分の成長にも繋がると思います。
 ぜひ私達と一緒にオンリーワンの見附市を目指し、そして守っていきましょう。