本文にジャンプします
メニューにジャンプします

防災サイレンの種類

防災サイレンの種類
(2005年11月4日更新)

 見附市では防災サイレンにより避難情報をお知らせします。
 サイレンの長さにより下記のような避難レベルを表しています。サイレンが聞こえたら出されている避難レベルを確認してください。

※サイレンの間隔が短くなるにつれて、危険度が増します。

避難準備(要援護者避難)情報

 「約30秒間のサイレン吹鳴→6秒休止」繰り返し5分以上

 人的被害の発生する可能性が高まった状況です。避難時に援護が必要な方、避難行動に時間を要する方は指定された避難場所への避難行動を開始しなければならない段階です。
 上記以外の方も家族等との連絡、非常持ち出し品の用意等、避難準備を開始してください。

避難勧告

 「約15秒間のサイレン吹鳴→6秒間休止」繰り返し5分以上

 通常の避難行動ができる方が避難行動を開始しなければならない段階で、人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況です。
 市から避難勧告が発令された場合、避難準備の終わった方から指定の避難場所へ避難を開始してください。

避難指示

 「約3秒間のサイレン吹鳴→2秒休止」繰り返し5分以上

 前兆現象の発生や切迫した状況から、人的被害が発生する可能性が非常に高いと判断された状況です。避難指示が発令された場合は、危険が迫っていますので、その地域にお住まいの方すべてが、指定された避難場所へ直ちに避難をしてください。逃げ遅れた場合は、生命を守る最低限の行動をとってください。