本文にジャンプします
メニューにジャンプします

産官学の英知を結集 先進性と魅力を持つ住宅地開発へ

産官学の英知を結集 先進性と魅力を持つ住宅地開発へ
(2013年10月13日更新)
市は、「プロジェクト エコー・シティ(※)」を提唱する日経BP社と共に「第1回街づくりディスカッション in 見附」を開催しました。これは、見附市が造成計画中の住宅地(柳橋地内、開発面積約4.5ヘクタール)を先進性、魅力あるものにしようと開催したもので、産官学各界の有識者が一同に会し、熱い議論が交わされました。

 今後、数回のディスカッションを通じて議論を深めていきますが、その様子は、日経BP社のメディアを通じて全国に紹介される予定です。
 市では、この議論を具体化し、地方都市ならではの魅力の詰まった住宅地の開発を進めていきます。

(※)「プロジェクト エコー・シティ」とは、「環境と人が響き合う街」をコンセプトのもと産官学の有識者が集まり「次の街づくり」について議論を行う場です。久住市長も昨年12月に参加し、議論を行いました。見附市が造成計画中の住宅地は、プロジェクト エコー・シティの具体的事例第1号の位置づけとなっています。
ディスカッションの様子

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください