当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

県外での予防接種について

県外での予防接種について
(2017年4月18日更新)
赤ちゃんのいのちと健康を守るための予防接種は、赤ちゃんの出生後2か月からスタートします。 里帰り出産等で県外でお子さんの予防接種を希望する場合は、事前に見附市へ手続きをお願いします。かかった費用の一部を助成します。 

申請の手順

  1. お子さんが生まれたら、出生届を提出します。
  2. 見附市教育委員会こども課で県外予防接種の手続きをします。 
    ・見附市教育委員会こども課で『予防接種実施依頼申請書』を記入する。
    ・『予防接種費用助成金交付申請書』をもらう。
  3. 見附市が『予防接種実施依頼申請書』の内容について、県外の滞在先市町村に依頼します。※手続きに時間がかかる場合がありますので、お待ちください。
  4. 滞在先の市町村または見附市から、今後の手続きについて、お手紙やお電話等で連絡があります。
  5. 連絡があってから、医療機関に予防接種のご予約をしてください。
  6. 予防接種を受けます。その際、必ず、氏名の記載してある領収書をもらいます。
  7. 予防接種後、6か月以内に見附市に予防接種費用助成金を申請します。助成額は見附市の規定によります。

 ※持ち物:『予防接種費用助成金交付申請書』・領収書・通帳・母子手帳

予防接種実施依頼申請書.pdf(64KB)
県外での予防接種について(ご案内).pdf(160KB)