本文にジャンプします
メニューにジャンプします

自主防災組織資機材購入等事業補助金について

自主防災組織資機材購入等事業補助金について
(2014年11月25日更新)

自主防災組織資機材購入補助について

 市では自主防災組織を結成した町内に対し、防災資機材の購入、修繕又は更新の際に補助金を交付しています。

交付額

 自主防災組織が購入、修繕又は更新する防災資機材の経費の2分の1以下(最大5万円)  
 ※ただし、結成1年以内は3分の2以下(最大10万円)
 15万円の資機材を購入した場合、結成1年目であれば10万円、2年目以降は5万円の補助となります。

制度の流れ

交付申請(自主防災組織→見附市)

提出書類
  • 申請書
  • 事業計画書    
  • 収支予算
  • 見積書の写し、配置図    

交付決定(見附市→自主防災組織)

 提出書類の確認後、交付決定通知書を自主防災組織会長へ送付します。

実施報告(自主防災組織→見附市)

提出書類
  • 実績報告書
  • 収支決算
  • 請求書、領収書の写し
  • 補助金振込先通帳の写し

※実績報告書等提出後、指定口座へ補助金を振り込みます。    

書式について

交付申請

交付申請申請書.docx(14KB)
交付申請書(記入例).pdf(98KB)

計画書.docx(16KB)
計画書(記入例).pdf(112KB)

収支予算.docx(18KB)
収支予算(記入例).pdf(98KB)

実績報告

実績報告書.docx(18KB)
実績報告書(記入例).pdf(115KB)

収支決算.docx(16KB)
収支決算(記入例).pdf(98KB)

対象資機材

情報連絡用

携帯用無線機、トランシーバー、携帯用ラジオ、集会所用FAX、ハンドマイク、腕章、誘導旗、防災本部旗、等

消火用

可搬式動力ポンプ、消火栓ホース、ホース格納箱、格納器具一式、組立型水槽、街頭用消火器、防火衣、鳶口、ヘルメット、水バケツ、等

水防用

救命ボート、救命ロープ、ツルハシ、防水シート、シャベル、救命胴衣、かけや、スコップ、おの、等

救出救護用

エンジンカッター、のこぎり、ジャッキ、テント、救急箱、はしご、担架、防煙マスク、簡易ベッド、毛布、簡易トイレ、等

給食給水用

給水タンク、緊急用ろ水装置、飲料用水槽、炊飯装置、等

避難用

リヤカー、発電機、警報器具、投光器、強力ライト、コードリール、ヘッドランプ、等
※補助対象とする資機材は原則として備品となります。備蓄用消耗品(食糧、水等)については対象外となります。