当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

クマ出没多発! 警戒してください

クマ出没多発! 警戒してください
(2019年8月15日更新)

 今年4月から12件のクマ目撃情報があります。例年と比較すると非常に多くの目撃情報となっています。

 クマを目撃したり、足跡などを発見したときは、すぐに市民生活課(電話:0258-62-1700)または、最寄りの警察署へ連絡してください。

 クマに遭遇してしまったら、自分に気付いていない場合は「そっと離れる」、目が合ってしまった場合は「目を離さず、ゆっくりと後ずさりしながら離れる」ようにしてください。

 過去のクマの目撃情報はクマ目撃情報・クマ対策をご覧ください。

これまでの事故の共通点

  • 早朝もしくは夕刻に山中・山際で事故が多発
  • 鈴やラジオなどの音の鳴るものを携行していない
  • クマのエサやヤブなどの潜める場所が近くにある 

クマと遭遇しないために

頻繁に物音や声を出して歩く!

人の存在や接近をクマに知らせれば、クマは人を避けます。

  • 鈴、笛、ラジオなどを鳴らすか、大きめの声で話しながら歩いてください。
  • 山際の畑に近づく時は、爆竹やクラクションなど大きな音を出すことが効果的です。
  • 山菜採りなど山へ入るときには充分注意してください。

早朝や夕方は特に注意!

 早朝、夕方、夜間はクマの活動が活発です。

 外出には注意が必要で、単独での行動は避けてください。

 犬がヤブに隠れていたクマをおびき出したケースもありますので、犬を連れて山際での散歩は避けるようにしましょう。

車庫や小屋は戸を閉め、鍵をかけてください。

クマを里へ寄せ付けないために

クマを寄せ付けないよう生ゴミや廃棄果実などの適正な処理を!
  • 生ゴミ、不要となった農作物や果実は、クマのエサとなります。人家の周りや農地に放置しないで、土に埋めるなど適切な処理をしましょう。
  • 人家周辺のクリや柿の実を狙ってクマがやってきます。収穫の予定のないクリ、柿などの木の実、野菜なども撤去してください。
  • 山野にある墓地のお供え物等は持ち帰るようにしてください。
  • キャンプや登山、渓流釣りなどで出たゴミは必ず持ち帰ってください。
  • 集落周辺のクマの隠れそうなヤブなどは刈り払いをしましょう。

それでも、クマに遭ってしまったら

とにかく落ち着く!

  • 騒がず、走らず、ゆっくり後退。
  • クマは逃げるものを追いかける習性があるので、走って逃げてはいけません。

攻撃が避けられないときは急所を守る!

 地面に伏せ、両手で首の後ろをガードして頭と首を守ってください。

目撃情報などは市役所または警察署へ

 目撃した場合や痕跡を見つけた場合は、直ちに市役所(0258-62-1700)または警察署(0258-63-0110)に連絡してください。