本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第42回見附市展

第42回見附市展
(2018年10月22日更新)

ポスター

第42回見附市展は天候にも恵まれ、ネーブルみつけとギャラリーみつけの両会場で、延べ5,000人の方からご来場いただきました。

また、今年の出品者数は390人、出品点数は420点に上り、盛大に市展を開催し、終了することができました。

まことにありがとうございました。

なお、43回展のご案内は、平成31年6月中旬を予定しています。

出品点数.pdf(48KB)




ー以下は42回展のものになります。ー

会期・会場

平成30年10月12日(金)~16日(火)午前9時~午後8時まで※最終日は午後6時まで

  • ネーブルみつけ(一般公募作品)
  • ギャラリーみつけ(審査員・委嘱・無鑑査作品)

入賞者発表

平成30年入賞者.pdf(107KB)
※入賞者には文書にて通知します。

入賞作品展【終了しました】

今年の入賞作品を、会場をネーブルみつけからギャラリーみつけへ変えて、展示します。市展とは違った魅力ある展示となります。ぜひご覧ください。

平成30年10月18日(木)~21日(日)
午前10時~午後10時
ギャラリーみつけ
※最終日は午後5時まで

 

作品搬入【終了しました】

平成30年10月6日(土)午後3時~7時
ネーブルみつけ
日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・書道・写真作品を募集します。

出品規定

日本画

10号以上50以内、額装

洋画

10号以上50号以内、額装

版画

額装

彫刻

大きさに制限なし

工芸

大きさに制限なし

書道
  • 半切以上で枠張りまたは額装に限る。
  • 枠・額の寸法は、縦作品242CM×90CM以内、横作品80CM×180CM以内とする。
  • 全紙2分の1作品(仕上り70CM×70CM以上、90CM×90CM以内も可)篆刻、刻字の大きさ制限なし。
  • 篆刻は額装。
  • 釈文添付のこと。
写真 
  • 白黒・カラーの単写真または組作品でパネル額装または額装に限る。
  • パネル・額装の外寸法は、32CM×37CM~73CM×103CM以内とする。
  • プラスチック額、アクリル額、発泡スチロール板等に表装したものは不可。
  • デジタル写真は未加工に限る。   

※各部門ともガラスの使用は認めません。
※コンピュータグラフィック作品は出品できません。
※無鑑査作品も各部門規定に準じます。
※肖像権や著作権に関係した作品は出品者の責任とします。

審査員

  • 日本画:小林 充也(日展会友・県展委員、新潟県美術家連盟常任理事)
  • 洋画:今城 俊雄(一水会委員、県展無鑑査、新潟県美術家連盟常任理事)
  • 版画:猪爪 彦一(行動美術協会会員)
  • 彫刻:親松 英治(日展特別会員、日本彫刻会監事、新潟県美術家連盟常任理事)
  • 工芸:中村 謙二(元日展会友、新潟県美術家連盟名誉会員)
  • 書道:長谷川 白楊(全日本書道連盟評議員、日本書道教育学会参与)
  • 写真:木原 尚(日本写真家協会会員)