本文にジャンプします
メニューにジャンプします

餅つきで多世代交流!親子サークル「のびのび」で餅つき大会が開かれました

餅つきで多世代交流!親子サークル「のびのび」で餅つき大会が開かれました
(2017年1月30日更新)

はじめて杵をさわったよ
 1月26日、葛巻地区ふるさとセンターにて、親子サークル「のびのび」の餅つき大会が開かれ、親子連れや地域の人を合わせて約30人が参加しました。

初めて杵で餅をついた髙野照人くん(六本木町)は「大きくて重かったけど、楽しかった」と話し、お母さんの美穂さんは「昔ながらの餅つきを体験させることができてよかった」と話していました。ついた餅は参加者に振る舞われ、子どもたちは口々に「おいしい!」と言いながら、笑顔で食べていました。

おいしいね おいしい!

毎年恒例となったこの餅つき大会は、地域の人たちと協力して行われています。
 「のびのび」代表の大野めぐみさん(新町1)は「託児などでお世話になっている地域の人たちへの感謝の気持ちで始めましたが、今では一緒にやることで多世代の交流になっています。安心して子育てができる地域の環境作りや、食べ物・文化の継承につなげていきたいです」と話していました。

 餅つき大会に協力している葛巻地区まちづくり協議会の佐野富美雄会長は「地域の子供たちが健やかに育っている姿を見ることができてうれしい。次の世代のためにこういった活動を大切にしていきたい」と話していました。

 「のびのび」は、葛巻地区ふるさとセンターを拠点に活動している親子サークルです。誰でも気軽に参加できますので、気になる人は下記URLをチェックしてみてください。
親子サークル子育て女子会 のびのび facebookページ
https://www.facebook.com/nobinobi.mitsuke/