本文にジャンプします
メニューにジャンプします

まちなか出店を応援!平成30年度「まちなか賑わい事業支援補助金(空き店舗活用支援事業)」2次募集開始

まちなか出店を応援!平成30年度「まちなか賑わい事業支援補助金(空き店舗活用支援事業)」2次募集開始
(2018年7月23日更新)

市では、まちなかの賑わいを重点施策に位置付け、各種施策に取り組んでいます。
 「みつけ健幸の湯 ほっとぴあ」、「道の駅 パティオにいがた」、「大凧伝承館」等の集客の拠点施設の整備と合わせて、新規出店を促すことで、まちなかの魅力を高め、賑わい創出をめざします。
 そこで、まちなかの空き店舗への出店に対して、支援内容を大幅に拡充した補助金の募集を実施します。特に飲食業などには最大300万円まで補助します。
 まちなかへの出店は今がチャンス。まちなかでの新たなチャレンジを応援します。 

対象エリア

  1. 新町商店街、本町商店街、本町中央商店街、今町商店街のアーケードまたは雁木沿いのゾーン
  2. 「主要地方道長岡・見附・三条線(みつけ 健幸の湯 ほっとぴあと中央公民館の間)」沿いのゾーン

→対象区域マップ

補助の対象者

  1. 出店者…対象エリアの空き店舗を借上げ、または取得し、対象業種を営む方
  2. 所有者…上記の出店者に所有する空き店舗を貸出す方

対象業種

(1)特定業種

56各種商品小売業、58飲食料品小売業、76飲食店、85社会保険・社会福祉・介護事業、まちなかの賑わいに特に資すると市長が認める事業

(2)特定業種以外の業種

57織物・衣服・身の回り品小売業、59機械器具小売業、60その他の小売業、77持ち帰り・配達飲食サービス業、78洗濯・理容・美容・浴場業、79その他の生活関連サービス業、82その他の教育、学習支援業、83医療業のうち療術業、92その他の事業サービス業に属する業種(風俗営業は除く)

補助金額

出展者

特定業種
店舗改装費

補助対象経費の3分の2以内、上限300万円
※取得の場合、上限450万円

家賃

補助対象経費の2分の1以内、上限10万円/月、事業開始の月から最長24ヶ月
※U・Iターン者が出店する場合は最長36ヶ月

特定業種以外
店舗改装費

補助対象経費の2分の1以内、上限50万円
※取得の場合、上限75万円

家賃

補助対象経費の2分の1以内、上限10万円/月、事業開始の月から最長12ヶ月
※U・Iターン者が出店する場合は最長24ヶ月

所有者

店舗改装費
補助対象経費の2分の1以内、上限50万円

募集期間

一次募集:平成30年4月9日(月)~5月9日(水)※終了しました※
二次募集:平成30年7月23日(月)~8月23日(木)

応募の方法

補助金交付申請書及び必要書類を、市役所地域経済課地域産業係へ提出して下さい。

申請書類

  1. 補助金交付申請書(別記第1号様式).rtf(51KB)
  2. 事業計画書(別記第2号様式).rtf(56KB)
  3. 収支予算書(別記第3号様式).rtf(58KB)
  4. 賃貸借契約書若しくは取得にかかる売買契約書の写し、又は仮契約書に準ずる書類の写し
  5. 事業実施位置図
  6. (出店者のみ)店舗営業に係る損益計画及び資金計画.xls(32KB)
  7. その他市長が必要と認める書類(改装費の見積書、店舗の平面図、改装前の写真) 

補助金交付までの流れ

  1. 事前相談(見附市地域経済課地域産業係)
  2. 補助金申請
  3. 審査会の開催、結果をもとに補助金の採否を決定
    ※審査会では申請者(出店者のみ)より事業についてプレゼンを行ってもらいます
  4. 交付決定後、平成31年3月末日までに対象事業を実施
  5. 事業完了後に実績報告書提出、補助金交付

平成30年度空き店舗活用支援第二次募集チラシ(163KB)