当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

美術作品を作りませんか【市展のつどい】

美術作品を作りませんか【市展のつどい】
(2019年8月19日更新)

講座

【日本画】モデルデッサン会【※終了しました】

着衣モデルを鉛筆と画用紙を使ってデッサンします。人物を描く雰囲気を味わうことや、構図などを勉強しましょう!
  • 日時:令和元年8月18日(日)午後1時~5時
  • 会場:ギャラリーみつけ2Fフロア(見附市昭和町2‐4‐1)
  • 定員:15名程度
  • 講師:小林路子(日本美術院 院友)
  • 参加費:1,000円
  • 持物:特になし、鉛筆・スケッチブック・日本画用絵具等持込可
  • その他:写真撮影不可

【洋画】裸婦デッサン会

裸婦モデルデッサンにチャレンジしませんか。絵画用の木炭と木炭紙を使った本格的デッサン会を体験してみよう。
  • 日時:令和元年8月24日(土)午後1時~5時
  • 会場:ギャラリーみつけ2Fフロア(見附市昭和町2‐4‐1)
  • 定員:30名程度
  • 参加費:1,000円
  • 講師:村山徳成(光風会会員)
  • 持物:特になし、鉛筆・スケッチブック持込可
  • 参加資格:18歳以上(高校生不可)
  • その他:写真撮影不可

【版画】初心者木版画講座【※終了しました】

自分で撮影した写真などを構図と最小限の色彩で版画にしてみませんか。絵が苦手な人でもきれいに仕上げることが可能です!
  • 日時:令和元年7月17日(水)24日(水)31日(水)8月7日(水)午後7時~9時 ※進行次第では1回増予定
  • 会場:ギャラリーみつけ(見附市昭和町2‐4‐1)
  • 定員:10名
  • 参加費:1,500円
  • 講師:小川宏(新潟県展委員)
  • 持物:彫刻刀、原画にしたい風景写真など(自分で撮影したものに限ります)準備できる人は水彩絵の具

【彫刻】彫刻講座

石こう彫刻にチャレンジしませんか。モデルを見ながら頭像を作り、石こうで型を取ります。絵画とは異なり立体のため、奥行き等を気にしなくても大丈夫です。ここで勉強して、将来は自身の大切な人を彫刻にしませんか。
  • 日時:令和元年7月13日(土)20日(土)27日(土)8月10日(土)25日(日)31日(土)午前9時~正午
  • 会場:美協会館(見附市南本町2‐21)
  • 定員:10名
  • 参加費:3,500円
  • 講師:本間公司(新潟県展無鑑査・委員)
  • 持物:作品(粘土)を覆う布、作品(粘土)にかぶせるビニール袋(2枚)、スケッチブック、鉛筆、霧吹き
  • その他:写真撮影不可

【工芸】陶芸講座

陶芸粘土を使ってオブジェや皿などを作りませんか。釉薬をかけての色付け、窯入れまで行います。
  • 日時:令和元年8月4日(日)11日(日)18日(日)9月22日(日)午前9時30分~午後4時30分 ※都合の悪い時間帯がありましたら、開催日の当日に係へお伝えください。
  • 会場:北谷公民館(見附市名木野町5320)
  • 定員:経験者10名 未経験者10名
  • 参加費:経験者3,000円 未経験者1,500円(別途粘土代500円)
  • 講師:山口納富子(日展会員)
  • 持物 エプロン、ビニール袋(作品が入る大きさ)経験者のみ粘土

【書道】はじめての書道

書道にチャレンジしませんか。自分で文字のデザインを考えて書き、表装まで行います。丁寧できれいな文字、デザイン性に富んだ文字、新しい自筆の魅力を発見しましょう。
  • 日時:令和元年9月8日(日)~29日(日)(今町公民館)、10月6日(日)(ネーブルみつけ)の毎週日曜日、午後3時~5時
  • 会場:今町公民館(見附市今町5-36-16)、ネーブルみつけ(見附市学校町1-16-15)
  • 定員:10名
  • 参加費:3,700円
  • 講師:市展実行委員会(書道部門)
  • 持物:筆記用具、カッター、ぞうきん、各回1日分の新聞

【写真】写真講座【※終了しました】

プロ写真家と一緒に花や風景の写真撮影を行いませんか。カメラの性能、構図、シャッターチャンスなどのコツを勉強しましょう。撮影した写真は講評します。
  • 撮影会:令和元年7月14日(日)午前9時~午後3時30分、会場は越後長岡丘陵公園(ネーブルみつけ正面玄関前8時50分集合)
  • 講評会:令和元年7月28日(日)午後7時30分~9時、会場はネーブルみつけ(見附市学校町1-16-15)
  • 定員:25名
  • 参加費:200円
  • 講師:家塚和彦(新潟県写真家協会会員)
  • 持物:カメラ等撮影機材一式、入園料約450円、7月14日は昼食または昼食代を持参してください。