本文にジャンプします
メニューにジャンプします

熱中症にご注意ください!

熱中症にご注意ください!
(2018年7月17日更新)
 夏本番を迎え、気温の高い日が多くなっています。熱中症に十分注意してください。
 屋外で活動する場合には、こまめな水分補給を心がけることはもちろんのこと、屋内でも、適切にエアコンや扇風機を利用しましょう。特に高齢者の発症が多くなり、見附市でも高齢者の救急搬送が多い状況ですので一層の注意が必要です。 

熱中症とは

 熱中症は、温度の高い環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調節ができなくなることから発症します。めまい、けいれん、意識障害などの様々な症状が出て、屋外だけでなく、屋内でも発生します。

熱中症の症状と応急処置

 症状が発生した時には、緊急事態であることを認識し、応急処置をとりましょう。

軽度の症状

 めまい、立ちくらみ、こむら返り、大量の汗などの症状の場合は、涼しい場所へ移動し、安静にして、水分(塩分)を補給しましょう。

中等度の症状

 頭痛、吐き気、体がだるい、集中力・判断力の低下などの症状が出た場合は、涼しい場所へ移動し、安静にして、体を冷やし、十分な水分と適度な塩分を補給しましょう。ただし、自分で水分や塩分をとれなければすぐに病院を受診しましょう。また、急速に症状が進むことがあるので注意しましょう。

重度の症状

 意識障害、呼びかけへの返事がおかしい、まっすぐに歩けない、けいれんなどの症状が出た場合は、すぐに救急車を呼びましょう。※救急車を待つ間、水や氷で首、脇の下、足の付け根などを冷やしましょう。

熱中症の予防

 暑さへの慣れが十分ではない時期、梅雨明け前後など、気温や湿度が高く、日差しが強いと
多く発症します。こまめに水分を補給するなどして予防に努めましょう。
 また、熱中症は屋内でも発症します。気温や湿度が高い日は、無理な節電をせず、適度に
扇風機やエアコンを使って予防してください。

暑さを避けましょう

 室内の風通しをよくし、扇風機やエアコンを適度に使いましょう。
 お出かけの時は、日陰、日傘、帽子などで直射日光を避けましょう。
 ベビーカーの子どもは地面の熱にさらされます。こまめに様子を見ましょう。
 子どもを絶対に自動車の車内に取り残さないでください。

服装を工夫しましょう

 首やわきなどの通気性や、吸湿・速乾性のある衣服を選びましょう。

こまめに水分(塩分)を補給しましょう

 のどが渇いていなくてもこまめに補給しましょう。  

急に暑くなる日に注意しましょう

 特に梅雨明け前後のような暑い日は救急搬送車が急増します。
 暑さが本格化する前に、無理のない程度に体を少しずつ暑さに慣らせましょう。
 夏の屋外作業は朝の涼しい時間に済ませましょう。

声をかけあい、協力して見守っていきましょう

 屋外で長時間の作業をしている人、夏でも厚着をしている人、子どもたちにはひと声かけて、熱中症の予防を促してください。
 団体行動のような場合は、参加者の体調に随時注意を払うとともに、無理をせず、こまめな休憩や水分補給等を心がけてください。

関連リンク