当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市内読み聞かせ団体で初 「おはなしの旅」に文部科学大臣表彰

市内読み聞かせ団体で初 「おはなしの旅」に文部科学大臣表彰
(2019年5月14日更新)

 5月14日、「平成31年度 子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)」で文部科学大臣表彰に選ばれた「おはなしの旅」のメンバー6人と、活動拠点となっている見附市図書館の今井館長が報告のため市役所を訪れました。
 この表彰は、子どもの読書活動の推進に取り組む学校や図書館、民間団体、個人の功績をたたえ贈られるもので、「おはなしの旅」は県内の民間団体で唯一選ばれました。
 「おはなしの旅」は平成10年から活動を開始。図書館で週1回子どもたちへの読み聞かせの他、子育て支援センターや公民館とも連携し、乳幼児や保護者への読み聞かせも行っています。今回の受賞は、こうした20年間の活動が高く評価されました。
 代表の清水千恵子さん(今町4)は、「大きな賞をもらって驚いています。20年間続けてきた活動が認められ、とてもうれしく思います。今後の励みにしていきたいです」と喜びを語りました。
 報告を受けた久住市長は、「皆さんの取り組みが見附の読書活動の普及に、そして心豊かな子どもの育成につながっています。これからも頑張って続けてほしいです」と期待を寄せていました。