当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市内各社の若手職員が交流 第1回見附異業種交流会

市内各社の若手職員が交流 第1回見附異業種交流会
(2019年10月7日更新)

交流会の様子

 10月3日、市内企業入社3年目以降の若手社員を対象とした異業種交流会が、みつけイングリッシュガーデンホテルレアントで行われました。
 産業団地進出企業や行政機関など、市内16社から20~30代の若手職員36人が参加。コミュニケーション能力を深めるためのセミナーや、ビュッフェスタイルの交流会などを通して、会社の垣根を超えて交流を深めました。
 セミナーの講師を務めたキャリアドバンス代表の岡田美栄さんは、人間の性格を決断力があり起業家タイプの「コントローラー」、アイデアと創造性に優れる「プロモーター」、協調性があり人を援助するのを好む「サポーター」、冷静でデータに基づいたプランニングが得意な「アナライザー」の4種類に分類できることを解説。参加者は、心理テストで自分や周りの人がどのタイプに該当するかを把握し、相手の機嫌を損ねない注意の仕方やほめ方など、タイプ別のコミュニケーションの取り方を学んでいました。
 市内工務店から参加した男性は、「4つのタイプを意識して周りと話してみると、相手と自分のタイプの違いを明確に感じました。タイプごとの対応法を資料でいただいたので、今後のコミュニケーションに活かしていきたいです」と、今後への意欲を話していました。