本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市職員の処分について

市職員の処分について
(2020年2月14日更新)

  去る令和元年5月11日、当市企画調整課職員が長岡市東坂之上町1丁目地内の国道で自家用車を運転中、道路を横断してきた歩行者と接触し、転倒させ死亡させました。

 本市職員が起こした交通死亡事故による被害者及びご遺族の方々に対し、心からお詫び申し上げます。また、職員がこのような交通死亡事故を起こし、市民の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことに対しまして、深くお詫び申し上げます。

 この度、刑事処分及び行政処分がなされましたので、地方公務員法第29条第1項及び見附市職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の規定により、当該職員を減給3カ月(給料の10分の1)の懲戒処分としました。

 今後、このような痛ましい事故が二度と起こらないよう、職員一人ひとりが常に細心の注意を払い、交通事故を無くしていくように自覚して行動するよう徹底してまいります。

 令和2年2月14日

                                        見附市長  久住 時男