当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

徴収金(保育料)基準額表

徴収金(保育料)基準額表
(2019年4月1日更新)
見附市保育料基準額表

保育園に必要な経費については、保護者、国、県、市で負担します。
保護者から負担していただく保育料は、見附市の保育料基準額表によって決定します。

保育料は基準額表に基づき父母の市民税額の合計により算定します。(ただし、父母に所得が無い場合は、園児と生計が一緒の祖父母の市民税額により算定します。)

3歳以上児と3歳未満児では保育料が異なります。年度の途中で年齢が上がってもその年度内の保育料は変わりません。

4月から8月分の保育料は前年度分の市民税の税額を基に算定した保育料となります。
9月から翌年3月分の保育料は現年度分の市民税の税額を基に算定した保育料となります。

<参考>市民税額の確認方法.pdf(217KB)
(給与から天引きとなる特別徴収の方の場合です。毎年5月頃に事業者を通じて通知されます。
普通徴収の方は税額決定・納税通知書の内容をご確認ください。)

<参考>保育料基準額表の見方.pdf(151KB)

保育料基準額表(教育標準時間認定).pdf(112KB) ※1号認定のかた

保育料基準額表(保育認定).pdf(142KB) ※2号、3号認定のかた