本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子どもサポート情報:1回だけのつもりが定期購入に…。ネット通販に注意!

子どもサポート情報:1回だけのつもりが定期購入に…。ネット通販に注意!
(2017年5月29日更新)
 国民生活センターからの情報をもとに、子どものまわりにある、さまざまな「危険」をお知らせしている「子どもサポート情報」。今回は「インターネット通信販売」に関する情報です。

相談事例

 スマートフォンでSNSの広告を見て、約千円のニキビ用クリームを注文し、商品と一緒に送られてきたコンビニ用振り込み用紙で代金を支払った。2週間後、また商品が届いたので販売業者に連絡したところ、「定期購入なので、商品を5回受け取らないと解約できない」と言われた。2回目以降毎月5千円以上もかかる定期購入コースだと分かっていたら申し込まなかった。(当事者:高校生、女性)

ひとことアドバイス

  • SNSなどの広告を見て、通常より大幅に安い価格にひかれ、「1回だけ」のつもりで化粧品やサプリメントなどを購入したところ、実際は複数回買わなければいけない定期購入が条件だったという相談が寄せられています。 
  • 申し込みの際は、定期購入になっていないかなど、契約内容をしっかり確認しましょう。スマートフォンでは、画面をスクロールした最後の方に、小さい文字で条件等が書かれている場合があるので、注意が必要です。
  • 困った時は、見附市消費生活相談窓口(連絡先:0258-62-0350)、消費者ホットライン(188番)にご相談ください。

子どもサポート情報No.115.pdf(187KB)    
※この記事は国民生活センター発行の「子どもサポート情報」を転載しています。

メールマガジンのご案内

手をつなぐ親子4人 子どもの周りにはさまざまな危険が!
 消火器の破裂による重症事故や、自転車の幼児用座席が荷台ごと外れる転落事故などの痛ましい事故を繰り返さないために、製品や設備の事故の情報をメールマガジンでお届けします。
 事故情報の他にも携帯電話やオンラインゲームなど、増えている契約のトラブル情報もお届けします。ホームページの「身守り情報」コーナーには、イラスト入りリーフレットも用意してあり、プリントして使えます。下のバナーをクリックして、国民生活センターのホームページ「身守り情報」のコーナーで登録できます。

  国民生活センター「身守り情報」