本文にジャンプします
メニューにジャンプします

高齢者見守り新鮮情報:知人から誘われた仮想通貨への投資、儲かるはずが…。

高齢者見守り新鮮情報:知人から誘われた仮想通貨への投資、儲かるはずが…。
(2017年5月19日更新)
 国民生活センターからの注意喚起情報を掲載している「高齢者 見守り新鮮情報」。今回は「仮想通貨」に関する情報です。

相談事例

 趣味の会で知り合った人に勧められて、1年前に仮想通貨への投資の説明会に行った。「仮想通貨を購入すると価値が上がる」と言われ、約90万円振り込んだ。「1年経ったら会社が買い取る」と言われていたが業者と連絡が取れない。返金してもらいたい。(60歳代、女性)

注意事項

  • 知人から説明会やセミナー等に誘われ、売却利益を目的に仮想通貨を購入したところ、もうかるどころか支払ったお金も戻ってこないという相談が寄せられています。 
  • 仮想通貨は、価格が急激に低下するなどのリスクを伴うため、将来必ず値上がりするものではありません。仕組みや取引に伴うリスク等がよく分からなければ決して契約しないでください。
  • 仮想通貨交換業の登録がなければ、国内で仮想通貨と法定通貨との交換サービスは行うことができません。
  • 不安を感じた時は、見附市消費生活相談窓口(連絡先:0258-62-0350)にご相談ください。
高齢者見守り新鮮情報No.280.pdf(222KB)

※この記事は国民生活センター発行「見守り新鮮情報」の記事を転載しています。 

メールマガジンのご案内

ベンチに腰掛けほほ笑む高齢者夫妻 高齢者や障害者の消費者トラブルをくい止めるために、各地の消費生活センターなどに寄せられた悪質商法の手口や、注意すべき製品事故、製品リコールなどの情報を分かりやすくコンパクトにメールマガジンでお届けします。
 ホームページの「見守り情報」コーナーには、イラスト入りリーフレットや、役立つ記事も用意しています。下のバナーをクリックして、国民生活センターのホームページ「見守り情報」のコーナーで登録できます。
国民生活センター「見守り情報」