本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新潟県知事選挙のお知らせ

新潟県知事選挙のお知らせ
(2018年5月18日更新)

新潟県知事選挙

投票日6月10日(日) 
期日前投票(不在者投票)5月25日(金)~6月9日(土)
任期満了による新潟県知事選挙が5月24日(木)に告示され、6月10日(日)に投票が行われる予定です。

選挙に関する情報

  • 平成29年10月の衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査において「葛巻小学校」で投票されていた方は、今回は投票所が「葛巻地区ふるさとセンター」になります。 

    見附市の投票所一覧.pdf(114KB) 

  • 期日前投票について(詳細、宣誓書のダウンロードは下記で)

   期間:5月25日(金)から6月9日(土)まで
   時間:午前8時30分から午後8時まで
   場所:見附市役所4階大会議室
     ※車いすの方等でも利用しやすいよう、思いやり駐車場を設けております。
      思いやり駐車場・西側玄関・職員通用口案内図.pdf(115KB)

 

このページの内容

  1. 投票について
  2. 選挙人名簿の登録者の閲覧 
  3. 期日前投票について(期日前投票宣誓書のダウンロードはこちらから)
  4. 不在者投票について(不在者投票請求書(宣誓書)のダウンロードはこちらから)
  5. 不在者投票のできる施設について
  6. 郵便等による不在者投票について
  7. 入場券について

投票について

今回の選挙で投票できる方は、原則として次の条件すべてに該当する方です。
要件 投票場所
見附市内での
転居
平成30年5月15日以前に市内転居届をされた方 転居後の住所地の投票所
平成30年5月16日以降に市内転居届をされた方 転居前の住所地の投票所





県内
他市町村
からの
転入
平成30年2月23日以前に見附市に転入届をされた方 見附市の投票所
平成30年2月24日~3月1日の間に見附市に転入届をされた方 見附市の投票所
※ただし、5月25日~5月31日の間は、見附市で期日前投票や不在者投票は行えません
平成30年3月2日以降に見附市に転入届をされた方 前住所地の投票所
※「引き続き県内に住所を有する証明書」が必要です
県外
他市町村
からの
転入
平成30年2月23日以前に見附市に転入届をされた方 見附市の投票所
 平成30年2月24日~3月1日の間に見附市に転入届をされた方 見附市の投票所
平成30年3月2日以降に見附市に転入届をされた方 今回は投票できません






県内
他市町村への
転出
平成30年3月1日以前に、県内の他市町村へ転出された方 転出先の投票所
平成30年3月2日以降に、県内の他市町村へ転出された方 見附市の投票所
※「引き続き県内に住所を有する証明書」が必要です
県外への
転出
県外へ転出された方 転出後は投票できません
※ 「引き続き県内に住所を有する証明書」について
  • 各市町村の住民担当窓口で発行しています(無料)。見附市では、市役所1階市民生活課で発行します。
  • 投票となった場合、選挙の期間に限り通常の業務時間外も発行手続きをします。

    5月25日から6月10日 午前8時30分から午後8時まで(市民生活課の窓口業務時間外は市役所4階選挙事務室で発行)

    6月10日(投票日)  午前7時から午後8時まで

  • 「引き続き県内に住所を有する証明書」は、転入届を済ませないと発行されません。
  • 「引き続き県内に住所を有する証明書」を用意しなくても投票できますが、投票所で「引き続き県内に住所を有する確認申請書」 を記入いただくと共に、確認を受けるため受付でしばらくお待ちいただきます。

※ 住所の移転を繰り返したときなどは例外が生じる場合があります。見附市で投票できるかどうか分からない方は、お気軽に選挙管理委員会までお問い合わせください。

選挙人名簿の登録者の閲覧

5月23日及び6月1日に選挙人名簿の登録をしますので、登録者の住所・氏名等についての確認を目的とした閲覧及び異議申し出の機会を設けます。

1.登録の確認を目的とした閲覧

とき:5月24日(木)午前8時30分~午後5時15分 及び 6月2日(土)午前8時30分~午後5時
ところ:市役所4階選挙事務室 

2.異議の申出

とき:5月24日(木)及び6月2日(土)
ところ:市役所4階選挙事務室(午前8時30分~午後8時)、市役所1階宿直室(左記時間以外)

期日前投票について

投票日に次のような理由で投票所へ行けない方は、期日前投票を行うことができます。
  1. 仕事、学業、本人または親族の冠婚葬祭がある。 
  2. 旅行などの私用により投票区域外に外出する。
  3. 病気、負傷、出産などで、投票日には歩行が困難である。 

期日前投票の期間等は以下のとおりです。

期間
5月25日(金)から6月9日(土)まで(期間中の土曜・日曜も投票できます)
時間
午前8時30分から午後8時まで
場所
見附市役所4階大会議室
※障害のある方等でも利用しやすいよう思いやり駐車場を設けております。車いす等でご来場の方はスロープのある西側(消防署側)玄関をご利用ください。土曜・日曜は、西側玄関が閉じているため、職員通用口にある時間外窓口にお声がけください。
 思いやり駐車場・西側玄関・職員通用口案内図.pdf(115KB)
その他
受付で「宣誓書」を記入していただきます。入場券の裏面が「宣誓書」になっていますので、予め書いてお持ちいただくと受付が早く済みます。
こちらのページから、宣誓書をダウンロードし、あらかじめ記入してお持ちいただくこともできますのでご利用ください。

不在者投票について

長期の出張などで、見附市の期日前投票所や当日投票所に行くことができない場合は、見附市選挙管理委員会に投票用紙等を請求し、滞在先の投票所で不在者投票を行うことができます。

不在者投票のできる期間等は以下のとおりです。

期間
5月25日(金)から6月9日(土)まで
時間
午前8時30分から午後8時まで
投票できる場所
滞在先の選挙管理委員会が管理する不在者投票所
  • 自宅などで投票用紙に記載することはできません。 
  • 投票日当日(6月10日)はできません
  • 期間中の土曜・日曜(投票日当日以外)も投票できます(滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせください)
  • 郵便事情を考慮し、できるだけ、6月8日(金)までに滞在地で投票を済まされることをおすすめします。
滞在先で投票した投票用紙等は、投票日当日(6月10日)に見附市の投票箱へ入れられるため、最終的に見附市選挙管理委員会へ郵送されてきます。到着が間に合わない場合は無効票となってしまいます。

投票用紙の請求等

1.このページから「不在者投票請求書(宣誓書)」をダウンロードしてください。
2.1人につき1枚、「不在者投票請求書(宣誓書)」に必要事項を記載し、見附市選挙管理委員会に郵便等で送付してください(FAX、メールでは受付できません)。
3.見附市選挙管理委員会から滞在地へ投票用紙等を郵送します。
4.投票用紙等が届きましたら、滞在地の選挙管理委員会へ持参して不在者投票を行ってください。
  • ダウンロードできる環境にない場合、見附市選挙管理委員会に連絡をいただければ郵送いたします。
  • 県内他市町村に住所を移した方は「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」を同封してください。
不在者投票請求書(宣誓書).pdf(146KB)
病院や特別養護老人ホーム、老人保健施設、身体障害者療護施設などに入院、入所されている場合、その施設が「不在者投票のできる施設」として県の指定を受けていれば、その病院や施設のなかで不在者投票を行うことができます。
詳細は、病院や施設にお問い合わせください。
身体に重い障害がある方や、外出の難しいお年寄りのうち、下記にあてはまり、ご自分で投票用紙に記入ができる方は、ご自宅等から郵便等を使って不在者投票をすることができます。
身体障害者手帳をお持ちの方
  1. 両下肢、体幹、移動機能の障害が1級または2級の方
  2. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害が1級または3級の方
  3. 免疫、肝臓の障害が1級から3級までの方
戦傷病者手帳をお持ちの方
  1. 両下肢、体幹の障害が特別項症から第2項症までの方
  2. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害が特別項症から第3項症までの方
介護保険の被保険者証をお持ちの方
介護保険の被保険者証に、要介護5と記載されている方
※上記に該当する方で、なおかつ、下記にも当てはまる方については、ご自分で投票用紙の記入ができなくても、あらかじめ届出をしておけば、代理の方の記載により投票をすることができます。
身体障害者手帳をお持ちの方
上肢もしくは視覚の障害が1級の方
戦傷病者手帳をお持ちの方
上肢もしくは視覚の障害が特別項症から第2項症の方

郵便等による不在者投票をするためには、見附市選挙管理委員会の交付する「郵便等投票証明書」が必要です(期限切れのものや、他の市区町村の発行した郵便等投票証明書は使用できません)。
証明書の交付には、日数がかかりますので、お早めの手続きをお願いします。
この郵便による不在者投票の請求期限は、6月6日(水)までです。
「郵便等投票証明書」の申請や更新、代理記載に関する届出については、選挙管理委員会にご相談ください。
郵便等による不在者投票(見附市ホームページ) 

入場券について

見附市で投票ができる方については、告示日(5月24日)に、投票所入場券を郵便はがきの形で世帯主宛に発送する予定です。
入場券は、中を開くと世帯全員の分が印字されていますので、投票所にお出かけの際は、ご自分の入場券を切り離してお持ちください。
郵便事情等により入場券が届かない場合(届くまで数日かかることがあります)や、なくされた場合でも、選挙人名簿への登録が確認できれば、再発行した入場券により投票ができます。 
投票日は、入場券に記載されている投票所で投票していただくことになります。