本文にジャンプします
メニューにジャンプします

空き家の屋根雪に注意をお願いします

空き家の屋根雪に注意をお願いします
(2018年2月9日更新)

空き家等の管理を適正に行いましょう   

 本年の見附市における累積降雪量が増加し続けており、他市では空き家等の倒壊が発生しております。
 空き家を管理されている方は、今後の降雪情報(新潟県雪情報システム等)に十分注意いただくとともに、屋根雪等の除去について特段の配慮をお願いします。
 なお、空き家等の管理不全が原因で、通行人や近隣住宅などに被害が出た場合は、「 その所有者等が責任を負う 」こととなりますので、十分お気をつけください。
     

屋根雪   

留意事項

  • 雪が固くしまることにより、屋根の積雪が例年と同様であっても、重量が増している場合があること。
  • 自然落雪式の建築物であっても、管理が適切に行われてない場合にその機能が十分に発揮されない場合があること。
  • 空き家除雪についても、所有者等が適切に実施する必要があること。
  • 建物に異常を感じた場合には、建築士等の専門家の意見を聞き、必要な措置を講じること

除雪作業の依頼・お問い合わせ先(有料)

  • 見附建設業協同組合・・・・・0258-63-1008
  • 見附市建築組合・・・・・・・0258-62-1365
  • 見附管工事業協同組合・・・・0258-62-0855
※各組合は除雪業者ではありません、組合所属の各個別業者へ調整を行いますのでご留意ください。また、お住まいの近くに「老朽化した危険な空き家」を見かけた場合は、市民生活課 生活環境係までお知らせください。