本文にジャンプします
メニューにジャンプします

インフルエンザにご注意ください

インフルエンザにご注意ください
(2017年12月6日更新)
 現在、市内でインフルエンザが流行しています。手洗い、マスク着用等の感染予防対策をしっかり行いましょう。

感染経路

1.飛沫感染

 感染された方からの咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスが健康な人の鼻やのどの粘膜に付着したり、吸い込まれたりして感染します。

2.接触感染

 感染した人がくしゃみや咳を手で押さえた後や、鼻水をぬぐった後に机やドアノブ、スイッチなどに触れると、その触れた場所にウイルスが付着します。その付着したウイルスを健康な人が手で触れ、汚染された手で目や鼻、口に触れることで感染します。

くしゃみ 

症状

 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、急な38℃以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。
 なお、発熱までは(潜伏期間)1~3日間のことが多いようです。
 小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発することもあります。まれに脳炎を引き起こすことがあります。

予防対策

ワクチン接種

 インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑え、重症化を予防する効果があると言われています。インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11月から12月頃に流行が始まり、1月から3月にピークを迎えます。ワクチンが十分な効果を維持する期間は、接種後約2週間後から約5ケ月とされていますので、一般的に10月から12月中旬位を目安に接種するとよいとされています。
 なお、今年度については、ワクチンの製造が例年よりも遅れたことから、12月中旬までに接種できない場合もあるかと思います。しかし、国からの情報によれば、12月中旬以降も順次、ワクチンが供給されるとのことですので、医療機関と相談の上、接種を受けてください。

飛沫感染対策としての咳エチケット

 (1)普段から咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
 (2)咳やくしゃみがでる時は、できるだけマスクをすること。とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと
 (3)鼻汁、痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと
などを守ることを心掛けてください。特に感染者がマスク等の飛沫感染対策を行うことが重要です。

外出後の手洗い等

 流水、石鹸による手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを除去するために有効な方法であり、感染症対策の基本です。
インフルエンザ予防(正しい手洗い・マスク着用)

適度な湿度の保持

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50から60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街などへの外出を控えましょう

 インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方睡眠不足の方等は、外出を控えましょう。やむを得ず、外出して人混みに入る可能性のある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布製マスクを着用しましょう。
※不織布製マスク
 不織布とは、織っていない布という意味です。繊維あるいは糸等を織ったりせず、熱や化学的な作用によって接着させて布にしたもので、これを用いたマスクを不織布製マスクと言います。
インフルエンザにかかったかな?と思われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

関連情報(外部サイトへジャンプします)