本文にジャンプします
メニューにジャンプします

犬の登録および狂犬病の予防注射

犬の登録および狂犬病の予防注射
(2019年12月16日更新)
 犬を飼育する人には、犬の登録(狂犬病予防法第4条)と毎年1回狂犬病予防注射を受けることが義務づけられています(狂犬病予防法第5条)。
 狂犬病とは、狂犬病ウイルスによって起こり、ヒトを含めた全ての温血動物がかまれることによって感染します。発病してからは、ほぼ100%死に至る恐ろしい病気です。予防法により1957年以降国内での発生はありませんが、海外では依然として野生動物の感染が報告されています。

登録

犬を取得した日(生後91日以上の犬)から30日以内に登録が必要です。

登録場所

  • 市民生活課
  • 動物病院(狂犬病予防注射と同時に登録できます)
  • 集団接種会場(狂犬病予防注射と同時に登録できます)

必要なもの

  • 登録手数料 3,000円

 登録することにより、春の集団接種の案内ハガキ(狂犬病予防注射済票交付申請書)や、見附市の犬であるという証明の鑑札をお渡しできます。この鑑札は首輪等につけてください。鑑札にある番号が市でも登録されており、犬がいなくなった場合等飼主を早く特定することができます。

狂犬病予防接種

集団接種

平成31年度狂犬病予防注射日程.pdf(44KB)

必要なもの
継続の犬の場合
  • 狂犬病予防注射済票交付申請書(接種日近くになりましたら郵送されます)
  • 手数料 3,200円(済票交付手数料550円、注射料金2,650円)
  • 印鑑(申請書に押印してあれば必要ありません)
新規の犬の場合
  • 印鑑
  • 手数料 6,200円(鑑札交付手数料3,000円、済票交付手数料550円、注射料金2,650円)

個別接種

生後91日以上で、都合により集団接種が受けられなかった犬、健康状態が良くない犬は、動物病院で接種してください。

お願い

予防接種は、首輪を点検し必ず犬を制御できる人が連れてきてください。
会場でフンをした場合、責任を持って後始末をお願いします。

 各種届出

飼い主または住所が変わった場合

見附市内で住所、飼い主が変更
登録事項を変更します。市民生活課または今町出張所に「犬の登録事項変更届」を提出してください。
他市町村から見附市へ転入

登録事項を変更します。市民生活課または今町出張所に転入前の市町村の鑑札を持参し、「犬の登録事項変更届」を提出してください。

 

犬の登録事項変更届.pdf(92KB)

犬の登録事項変更届(記入例).pdf(111KB)

 

見附市から他市町村へ転出

見附市への届出は不要です。転出先の市町村で手続きをしてください。

死亡した場合

登録を抹消します。市民生活課または今町出張所に鑑札を持参し、「犬の死亡届」を提出してください。

 

犬の死亡届.pdf(69KB)

犬の死亡届(記入例).pdf(93KB)

 

ペット霊園

ニイガタペット霊園(長岡市栃尾本町4-1)電話52-5502、0120-84-1212

長岡東山動物霊園(長岡市東片貝1342-17) 電話36-1592

 

※体長70センチ程度までのものなら直接清掃センターに持ち込む事も可能です。(印鑑・鑑札が必要です)

愛犬を狂犬病から守りましょう!