本文にジャンプします
メニューにジャンプします

スポーツ全国大会などへの出場者の感想

スポーツ全国大会などへの出場者の感想

全国大会・国際大会に出場された方々の感想(一部抜粋)をご紹介します。今後も、随時掲載していきます。

第21回全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会 岡田 陽向さん

大会期日

平成30年9月22日~23日

出場者

岡田 陽向さん

成績

ベスト16

出場しての感想

初めて全国大会に出場し、大きな舞台でプレーすることができました。予選を1位で通過し、決勝トーナメントに進むことができて、とても嬉しかったです。
これからも、バレーボールを続け、また全国大会という大きな舞台に立てるように頑張っていきたいと思います。

第73回国民体育大会 福井しあわせ元気国体2018 貝瀬 直和さん

大会期日

平成30年10月7日~10月8日

出場者

貝瀬 直和さん

出場種目

ソフトテニス(新潟県成年女子監督)

成績

2回戦敗退

出場しての感想

今大会は第4シードとして昨年の5位以上の成績を目指して挑みましたが、2回戦で今大会優勝の東京都に敗戦してしまいました。しかし、選手たちは今自分のできることをしっかりやってくれていましたので、誰に何を言われても胸を張っていてほしいと思います。来年は今回勝利するに足りなかったところを強化・改善し、さらなるレベルアップした姿をみせてくれることと思います。
ちなみに今大会は新潟県代表選手5人の内3人が見附市出身の選手(昨年は4人)が出場してくれました。今後もこの見附市の選手が新潟県代表として出場してくれるように微力ながら若い世代の指導をしていきたいと思います。
第73回国体 貝瀬さん

第73回国民体育大会福井しあわせ元気国体2018・平成30年度全国高等学校総合体育大会2018彩る感動東海総体 高橋 凜さん

大会期日

10月5日~8日(国体)

出場者

高橋 凜さん

出場種目

バレーボール 

成績

初戦敗退

出場しての感想

全国大会という素晴らしい舞台に立たせていただき、とても嬉しかったですし、
たくさんの方々のご支援をいただきました。
色々な方々の支援でそのような場に立てることは感謝しています。
自分はまだまだできないことがたくさんありますが、
どんどん吸収していき力をつけて、将来、自分の代にも大きな大会に立てるようにしたいと思います。

第31回全国健康福祉祭とやま大会 ねんりんピック富山2018 松川正則さん

大会期日

11月3日~11月6日

出場者

松川正則さん

出場種目

テニス

成績

4位グループ ベスト8位

出場しての感想

控え選手も含め全員が対戦しました。
成績は芳しくありませんが接戦が多く充実した内容でした。
フェアプレーで対戦相手と親善を深めることができました。
機会があれば全員再挑戦を希望しています。
nennrinnpikkutoyama1nennrinnpikkutoyama4

第73回国民体育大会 ボウリング競技会 小川 和男さん

大会期日

平成30年10月1日~6日

出場者

小川 和男さん(成年男子監督)

成績

成年男子2人チーム戦3位 4人チーム戦24位

出場しての感想

予選終了時に4位(決勝及び入賞確定)と知り、「ヤッター」という最高の気分。
入賞だけでもすごい事なのに決勝で3位に躍進。表彰台及び大きな賞には感動した。
国体ボウリング新潟県男子初の入賞という快挙。
自身6歳でボウリングを始めて51年(半世紀)、人生と共に歩んで来た長い長い道のり。
やっとここまでこれたという感じ。折れず、諦めずやって来て良かった。自分を誉めてあげたい。支援、応援して下さった方々にやっと恩返しが出来たと思う。
これからまた、次なる飛躍を目指し、まだまだ頑張ろうと思う。

2018ジャパンパラ水泳競技大会 波潟 健治さん

大会期日

平成30年9月22~24日

出場者

波潟 健治さん

成績

50m自由形2位 50m背泳ぎ3位

出場しての感想

横浜国際の会場は3回目になります。
長岡のダイエープールで合宿していたオーストラリアの選手も参加していた。
アメリカ、イギリス、メキシコ、カナダ、スペインなどが参加。
見たことが無いけど、今回は東京オリンピックのようで外国人選手だらけだった。
今大会は少し疲れたが楽しく泳げた。若者が多かった。

第66回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 高橋 巧気さん

大会期日

平成30年9月21日~23日

出場者

高橋 巧気さん

成績

男子5000m 70位

出場しての感想

全日本実業団に出るのは初めてで緊張してしまい、力を出し切ることができなかった。
レベルの高いレースだった為、最初からハイペースにレースが進み、
序盤から集団についていくことができず、流れに乗ることができなかった。
今回の経験を生かし、ニューイヤー駅伝やこれからの陸上人生で結果を残していきたい。
第66回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

第26回全国中学生空手道選手権大会 田伏 叶愛さん

大会期日

平成30年8月17日~19日

出場者

田伏 叶愛さん

成績

1回戦敗退

出場しての感想

全中という最高の舞台に立つことができ今後につながる良い経験になりました。
団体チームの仲間とは声をかけ合い、互いに刺激を受け、さらに成長することができました。
また次の目標に向け、悔いのないよう練習していきたいです。
第26回全国中学生空手道選手権大会

平成30年度全国高等学校総合体育大会 ソフトテニス競技大会 平成30年度全日本高等学校ソフトテニス選手権大会 皆川 千乃さん

大会期日

平成30年7月30日~8月2日

出場者

皆川 千乃さん

成績

3回戦敗退

出場しての感想

私は県総体個人3位という結果になり、新潟県代表として、
長岡商業代表として高校最後の年に全国の舞台で戦ってきました。
やはり、全国のレベルは県とは全く違い、常にすばらしいプレーばかりでした。
そんな中で私たちはとにかく会場いっぱいに響くくらい大きな声で喜んだりして盛り上がってプレーすることを意識して、1番は楽しむことだけを考えて全力で戦い抜くことができました。
勝ち負けよりも何かに対して本気でやることの大切さを学ぶことのできた全国大会だったので
とても良い経験となりました。
平成30年度全国高等学校総合体育大会平成30年度全国高等学校総合体育大会ソフトテニス

高円宮賜杯 第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント 今町ふたば野球スポーツ少年団

大会期日

平成30年8月19日~24日

出場者

今町ふたば野球スポーツ少年団

成績

ベスト32

出場しての感想

県大会優勝して掴んだ“学童野球の甲子園”とも言われる全日本学童軟式野球大会。
全国都道府県代表51チーム参加の小学生野球最高峰の大会に出場してきました。
昨年1歩及ばず準優勝に終わり、今年はその悔しさをバネに大会予選に臨み見事に勝ち得た全国切符です。
明治神宮野球場での開会式では、登録20名以外の7名の選手も参加を許され27名全員で元気よく入場行進をすることが出来、良い思い出になりました。
大会1回戦は府中市民球場で岡山代表に毎回安打、毎回得点の15対3で勝ち、翌日2回戦は憧れの明治神宮野球場での試合となり、華やかな素晴らしい球場で思い切りプレーする事が出来ました。
試合は残念ながら埼玉代表に4対5と1点及ばず敗退となりましたが、5点を追う最終回、最後まであきらめる事なく1点差まで相手を追い上げた選手は立派に戦い、選手の成長を感じる事が出来ました。
そして私も選手とともに良い経験をさせて頂きました。
この素晴らしい経験を活かし、新たな目標に向かって頑張っていきたいと思います。
最後に大会出場にあたり、新潟県野球連盟様をはじめ多くの地域の皆様方からの多大なる御支援、激励の御言葉を頂きました事に感謝申し上げます。
ありがとうございました。(監督 菅沼 健一 さん)
試合中試合中整列

日清食品カップ第34回全国小学生陸上競技交流大会 江田 はつみさん

大会期日

平成30年8月17日~18日

出場者

江田 はつみさん

成績

C決勝7位

出場しての感想

いろいろな都道府県の小学生と交流できてよかったです。友達ができてよかったです。がんばりますのでこれからも応えんよろしくおねがします。
日清食品カップ第34回全国小学生陸上競技交流大会 江田 はつみさん

第68回全日本実業団卓球選手権大会 長坂 拓衛さん

大会期日

平成30年7月19日~22日

出場者

長坂 拓衛さん

成績

予選リーグ3位

出場しての感想

今回で5年連続となる全国大会出場を果たすことができました。決勝トーナメント進出を目指し、選手一同練習を重ねましたが、結果は満足のいくものではありませんでした。しかしこれにめげずまた目標に向かって努力を続けます。

平成30年度全国高等学校総合体育大会 陸上競技大会 岩坂 柊人さん

大会期日

平成30年8月2日~6日

出場者

岩坂 柊人さん(400メートルハードル)

成績

予選4組4位

出場しての感想

目標としたインターハイの出場でしたが、結果を残すことはできませんでした。
先生をはじめ、多くの方々に支えていただき本当に感謝いたします。この経験を生かし、来年も出場できるよう練習に励みたいと思います。

JFA第12回O-70サッカーオープン大会 岡 喬さん

大会期日

平成30年5月26日~28日

出場者

岡 喬さん

成績

グループ3位(2位と得失点差)

出場しての感想

試合結果は1勝1敗1分(勝点4)で今まで出場した大会(5年間)で一番良い成績であった。DFが善戦したもののMF・FWの頑張りが望まれた。