本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)についてのお知らせ

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)についてのお知らせ
(2022年4月1日更新)

 子宮頸がん予防ワクチンについては、平成25年6月14日以降、厚生労働省からの通知に基づき積極的な勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月26日付けの厚生労働省通知により令和4年4月から積極的勧奨を再開されることとなりました。

子宮頸がん予防ワクチン

対象者

中学校1年生に相当する年齢から高校1年生に相当する年齢の女子。

接種券・予診票

  • 令和4年度に中学1年生となった女子には令和4年度内に接種券・予診票を発送します。
  • 令和4年度に中学2年生から高校1年生となった女子には令和4年2月に接種券・予診票を発送しています。

接種方法

1.接種については、個別予防接種医療機関.pdf(520KB)へ直接ご予約となります。

2.接種当日は送付された予診票を持参し、医療機関へご提示ください。

接種間隔

ワクチンは2種類あり、同じワクチンを3回接種します。 (接種開始後のワクチンの変更はできません)

 

 2価ワクチン(サーバリックス)3回接種

1回目 初回接種

2回目 初回接種から1か月以上あける

3回目 初回接種から6か月以上あける

 

 4価ワクチン(ガーダシル)3回接種

1回目 初回接種

2回目 初回接種から2か月以上あける

3回目 初回接種から6か月以上あける

有効性とリスク

接種を希望される場合は、ワクチンの有効性と接種によるリスクを十分に理解したうえで接種してください。

子宮頸がんワクチンの安全性や有効性については厚生労働省ホームページをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン後に症状が生じた方に対する相談窓口

 新潟県では、子宮頸がん予防ワクチン後に症状が生じた方に対する相談窓口を下記のとおり設置しています。お心あたりのある方は、下記相談窓口にご連絡ください。

連絡先電話番号

医療、救済などに関すること

新潟県福祉保健部感染症対策・薬務課 電話025-280-5378

学校生活に関すること

新潟県教育庁保健体育課 電話 025-280-5622

開設時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝日を除く)

関連リンク

  • 新潟県ホームページ