本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ハザードマップを今一度ご確認ください

ハザードマップを今一度ご確認ください
(2018年7月19日更新)
 平成29年の九州北部を中心とした豪雨災害や平成30年の西日本を中心とした豪雨災害など、近年は豪雨災害が頻繁に発生するようになっています。
 災害時のパニックの中でも、いち早く危機を認識して避難するなど、きちんと命を守る行動をとるためには、日ごろから身の回りの危険性を知り、備えておくことが大切です。
 今一度、ハザードマップ「見附市豪雨災害対応ガイドブック」をご確認いただきますようお願いいたします。

見附市豪雨災害対応ガイドブックのページへ(クリックでページが開きます)
※上記ページのほか、市役所3階企画調整課でも紙媒体で配布しています。

 ただし、ハザードマップもひとつの想定に過ぎず、必ずこのとおりに浸水するとは限りません。浸水想定が浅い場所や浸水想定区域に含まれていない場所の方も、被災する可能性があります。すべての方が災害への備えをお願いします。

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください