本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市ガス事業が民営化 北陸ガス株式会社のガス事業運営がスタート

市ガス事業が民営化 北陸ガス株式会社のガス事業運営がスタート
(2020年4月2日更新)

久住市長と敦井社長の様子

 4月1日からの市ガス事業民営化を受け同日、市と北陸ガス株式会社との間で市ガス事業の引継式が行われました。引継式には、久住市長と北陸ガス株式会社の敦井一友取締役社長が出席。お互いに目録を交換し、今後に向けたあいさつを行いました。

 市は、将来にわたってガス事業のサービス向上と安定を図るため、平成29年からガス事業の民営化を進めてきました。専門家や有識者の意見を踏まえ、昨年6月の市議会で譲渡先を北陸ガス株式会社に正式決定。民営化を円滑に進めるために、半年以上にわたって同社と引継ぎ作業を行ってきました。

 久住市長は、「民間の発想、ノウハウで、安心・安定したガス事業を継続してもらいたい」と敦井社長を激励。敦井社長は、「従来通りのサービスはもちろん、地域密着でサービスを提供していきます。市民から信頼されるガス事業を目指していきたい」と、抱負を述べていました。

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください