本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ホテル・旅館事業者支援補助金

ホテル・旅館事業者支援補助金
(2020年8月13日更新)

  新型コロナウイルス感染症拡大により、売上減少など経済活動に影響が出ている市内ホテル・旅館業事業者を支援します。

対象者

見附市内でホテル・旅館業を営んでいる事業者

補助内容および補助上限額(1事業者あたり)

(1)宿泊に関する補助

宿泊者1人1泊あたり4,000円(うち宿泊費割引分2,000円、ホテル・旅館業事業者インセンティブ分2,000円)

【補助上限額】事業者の客室数によって異なる

  1. 客室数が50室以上の事業者:2,000,000円
  2. 客室数は20室から49室までの事業者:1,500,000円
  3. 客室数が20室未満の事業者:1,000,000円

(2)情報発信に関する補助

宿泊客募集の周知経費を補助 補助上限額100,000円(申請は1事業者1回のみ)

(3)注意事項

但し、(1)宿泊に関する補助、(2)情報発信に関する補助については、国や県などが実施している宿泊費割引などとの併用はできません。

補助対象期間

令和2年7月21日(火)から令和3年2月28日(日)

申請期間

令和2年8月3日(月)から令和3年3月10日(水)

支援策の流れ

  1. 宿泊客は、市内のホテル・旅館へ宿泊の予約を行う。(当日の予約も可)
  2. 事業者は、宿泊費から2,000円を割り引いた額を宿泊客から受領する。
  3. 事業者は、1人1泊あたり4,000円の補助金を市に申請する。(4,000円の内訳は上記「補助内容」参照)

申請に必要な書類

申請内容によって、下記(1)(2)の書類を用意してください。

なお、(1)および(2)は合わせて申請することができます。

(1)宿泊に関する補助

  1. ホテル・旅館業事業者支援補助金交付申請書兼請求書.pdf(149KB)
  2. ホテル・旅館業事業者支援補助金 宿泊者確認表(別紙1).xlsx(23KB)
  3. 宿泊者確認表(別紙1)の宿泊実績が分かる資料(宿泊台帳の写しなど)
  4. ホテル・旅館業事業者支援補助金申請用 宿泊費割引領収証.pdf(354KB)
  5. 振込先口座の通帳の写し

但し、4は宿泊費の割引分をキャッシュバックした場合のみ添付が必要です。

(2)情報発信に関する補助

  1. 情報発信にかかった経費について支払った領収書などの写し
  2. 情報発信の取組み内容が分かる書類(ホームページやチラシの写しなど)

但し、上記(1)宿泊に関する補助と合わせて申請しない場合は、別途「ホテル・旅館業事業者支援補助金交付申請書兼請求書.pdf(149KB)」「振込先口座の写し」の提出も必要です。

申請方法

申請に必要な書類を用意し、下記担当まで郵送で提出いただくか、窓口までご持参ください。