本文にジャンプします
メニューにジャンプします

『シトラスリボンプロジェクト』を広めましょう!

『シトラスリボンプロジェクト』を広めましょう!
(2021年4月22日更新)

 新型コロナウイルス感染症の脅威がいまだ冷めやらぬ中、感染した人や回復した人、濃厚接触者、医療従事者やその家族などに対し、「うわさ話」や「心ない言動」「不当な扱い」など悪質な誹謗中傷が横行してしまう状況が各地で見られています。

 いかなる場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどがあってはいけません。

 誰もが地域に帰ってきて笑顔で住み続けられるまち、感染した人、濃厚接触者、医療従事者を支える人々のまちとなるよう、見附市はシトラスリボンプロジェクトに賛同します。

シトラスリボンプロジェクトについて

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。

 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用のロゴを身に着けて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。

 リボンやロゴで表現する3つの輪は、「地域」「家庭」「職場(学校)」を意味しています。

シトラスリボン

シトラスリボンプロジェクトの活動について

 シトラスリボンを身につける、玄関に掲示するなどの活動については、以下のリンクより情報発信されていますので、ご覧ください。

 シトラスリボンプロジェクト公式ホームページ

 シトラスリボンプロジェクトfromニイガタ.pdf(124KB)

 

 シトラスリボンプロジェクト公式ホームページには、手づくりリボンの作り方の動画や活動内容が紹介されています。

 一人でも多くの皆様にご賛同いただき、それぞれの暮らしの場で「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちとなるよう、すべての人に優しさと思いやりの心を表すシトラスリボンの輪を広げていきたいと思います。