本文にジャンプします
メニューにジャンプします

長年にわたる食生活改善活動を評価 見附市保健推進協議会に県知事表彰

長年にわたる食生活改善活動を評価 見附市保健推進協議会に県知事表彰
(2021年2月9日更新)

久住市長と保健委員の集合写真

 「令和2年度新潟県健康づくり功労者県知事表彰」の食生活改善事業部門で、見附市保健推進協議会が表彰されました。これを受け2月3日、同団体の委員4人が久住市長に表彰を報告しました。同表彰は、長年にわたり県民の健康づくりのために献身的な活動を行い、その功績が特に顕著である個人および団体を表彰するもの。優良団体の表彰は5年ぶり、市内団体では初の受賞となります。
 同協議会は、昭和55年に健康づくり活動を行うボランティア団体として発足。地域住民の健康づくりのために、家庭訪問やイベントを通して、日本型食生活や減塩の大切さを呼びかけてきました。また、地域コミュニティや小学校のお祭りに参加し、味覚チェックやクイズなどで、わかりやすく世代を問わない生活習慣病予防活動も実施。今回は、これまでの長年にわたる食生活改善活動が評価されました。
 同協議会の三本由美子会長は、「協議会では、長年、各地域コミュニティなどと協力し合い、食や運動面から市民の健康を守る活動を続けてきました。今回の受賞をきっかけに、私たちの活動をより多くの市民に知ってもらい、各地域での活動に参加してくれる人が一人でも増えてくれるとうれしいです」と話していました。

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください