本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市立病院を色鮮やかに彩る 園芸福祉みつけが市立病院前の花ガーデンで植栽を実施

市立病院を色鮮やかに彩る 園芸福祉みつけが市立病院前の花ガーデンで植栽を実施
(2021年6月14日更新)

植栽の様子

 6月13日、市立病院正面入り口脇の「花ガーデン」で、園芸福祉みつけのメンバー約10人がマリーゴールドやダリアなどの花の苗約250株を植栽しました。
 市立病院の花ガーデンは、病院を訪れる患者や地域の人たちに楽しんでもらおうと、平成18年に病院敷地内に開設。以来、園芸福祉みつけのメンバーが定期的に維持管理を続け、毎年美しい花を咲かせています。令和2年に新病棟建設のため一時閉鎖していましたが、新病棟が完成したことを受け今回、夏から秋のはじめにかけて見頃を迎える花を約2時間かけて植栽しました。園芸福祉みつけのメンバーは他にも、市立病院や市役所前の樽プランターの管理、子育て支援センターや保育園での園芸体験のお手伝いなどの活動も行っています。
 同団体の渡辺庄衛会長(葛巻1)は、「花ガーデンでは、これからカラフルな花が咲き誇ります。市立病院を訪れたら、ぜひ園内のベンチで一休みしつつ、ガーデンの花を楽しんでいただきたいです」と話していました。

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください