本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します
(2021年7月27日更新)

 海外渡航時の渡航先での防疫措置などの緩和を目的として、希望者に「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付します。

証明書を必要とされている方は以下の方法により、交付申請をしてください。

海外渡航用の証明書であり、現段階では国内での利用は想定されていないため、現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。国内では、接種済証で接種の事実を確認することができます。

なお、1回目と2回目を異なる自治体の接種券で接種を受けた場合には、それぞれの自治体へ接種証明書の申請が必要です。

対象者

以下の2つに該当する方

1.海外渡航の予定があり、証明書があることで渡航先での防疫措置などの緩和を受けられる方

2.見附市で発行した接種券で接種を受けた方

申請方法

郵送または窓口申請 ※即日発行はできません。申請書類を受理してから1週間程度で郵送します。

           接種事実の確認が困難な場合には交付までに日数がかかる場合があります。

 

〒954-8790 見附市学校町2丁目13番30号

見附市健康福祉課 新型コロナウイルスワクチン接種推進対策室(見附市保健福祉センター内)

申請に必要な書類

  • 本人が申請する場合

  1.新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書.pdf(57KB)

    新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書.xlsx(18KB)

  2.有効期限内の旅券(パスポート)の写し 

   ※顔写真があり姓名と旅券番号が確認できる部分

   ※旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、それらが確認できる書類(マイナンバーカード、

    運転免許証、住民票の写しなど)

  3.接種済証(医療従事者の方は接種記録書)の写し

  4.本人確認書類(返信先の住所が記載されているもの)の写し

  • 代理人(同居の親族を含む)が申請する場合

    上記に加えて

  5.委任状.pdf(464KB)

  6.代理人の本人確認書類(代理人の住所に郵送を希望する場合は、住所の記載のあるもの)の写し

発行費用

無料

接種証明書(ワクチンパスポート)が利用可能な国や具体的な緩和措置について

詳しくは「新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置」(外務省ホームページ)などをご覧ください。