本文にジャンプします
メニューにジャンプします

人生の選択についてアドバイス 稲田市長が高校生に特別授業

人生の選択についてアドバイス 稲田市長が高校生に特別授業
(2022年9月26日更新)

授業の様子

 9月16日、市民の声を聞き、きめ細やかな行政を推進していくための「ふれあい懇談会」が見附高等学校で行われ、稲田市長が高校生たちと「人生の選択」をテーマに語り合いました。
 子育てやニット産業など毎月各テーマを設けて行われているふれあい懇談会。今回は「人生の選択肢」について、市長自身の経験を振り返りながら、授業形式で行われました。授業の中では、進学や就職、地元に残る、市外県外に出るなど、人生で幾度も現れる選択に、市長自身がどう向き合い、どう対応してきたか資料を使って説明。稲田市長は、「選択をする際の判断材料は、損得だけでなく、自分の好きなことをすることと周りからの助言を大事にして決断した方がいい」とアドバイスしました。生徒たちは、普段の授業とは違う雰囲気に少し緊張しつつも熱心に耳を傾けていました。
 授業後、生徒たちの意見を発表する場面では、「見附駅周辺で遊べる所があったらいい、見附の活性化のために私たちができることはありますか」と質問が挙がりました。これに対し市長は、「見附駅駐輪場の整備事業などに取り組んでいるのでぜひ一緒に参加して盛り上げてもらいたいです」と答えていました。

 

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください