本文にジャンプします
メニューにジャンプします

明治から続く伝統を未来へ 名木野小学校創立150周年記念式典

明治から続く伝統を未来へ 名木野小学校創立150周年記念式典
(2022年11月11日更新)

草薙龍の演舞の様子

 11月5日、名木野小学校の創立150周年記念式典が開催され、来賓や児童・先生、保護者などが出席しました。

 式典は2部構成で行われ、内容や構成は名木野小学校の児童が中心となって立案。前半は稲田市長や渡邉教育長が祝辞を述べた他、昔の校歌や記念樹、名木野小学校の名前の由来などとともに、今と昔の学校生活の違いを紹介しました。
 後半は、児童が学校生活で学んだ文化や知識などを発表。40年以上続く学校の伝統行事「草薙龍」を「草薙太鼓」に合わせて150周年バージョンで披露したほか、平成16年の7.13水害の被害を踏まえた防災知識、小学校で学ぶ中で感じた「名木野小学校や地域の良いところ」などを元気よく発表していました。
 稲田市長は式典の中で、「名木野小学校は市内最古の学校として、地域に根差し愛されながら歴史を重ねてきました。伝統ある同校で学び、地域とともに歩んできたことは、児童の皆さんにとって自信と誇りになると思います。子どもたちが歴史と伝統を胸に、地域や見附を愛し、力強く羽ばたいていくことを願っています」と話していました。

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください