本文にジャンプします
メニューにジャンプします

定期接種を受けていない男性を対象とした風しん抗体検査のご案内

定期接種を受けていない男性を対象とした風しん抗体検査のご案内
(2020年4月1日更新)

風しんは昭和52年から定期予防接種の対象となっていますが、予防接種開始時当初は女性のみを対象としており、予防接種の機会が与えられなかった男性の中には風しんの抗体を持たない方が一定数存在している状況にあります。
今年度より、風しんの定期接種を受けておらず、他の世代に比べて抗体保有率が低いとされる世代の男性を対象とした風しん予防接種事業が開始となりました。風しんの抗体がないと、風疹に罹りやすいだけではなく、感染を拡大する可能性があります。この機会にまずは抗体検査を受け、抗体の有無を確認しましょう。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

令和2年度から使用できるクーポン券は令和2年3月下旬に送付いたしました。

また、平成31年度の対象者(昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性)で抗体検査が未受診だった方へも、令和2年3月下旬にクーポン券を再送付いたしました。

※他の市区町村へ転出された場合は、見附市発行のクーポン券は使用できません。転出先の市区町村へお問い合わせください。

実施期間

令和4年3月31日まで
※クーポン券の有効期限は令和3年3月31日です。

費用

抗体検査、予防接種共に自己負担なく受診できます。

これから健診を受診される方へ

市の特定健診や事業所健診でも抗体検査ができます。

健診当日にクーポン券と身分証明書を持参してください。

見附市の特定健診を受けられる方は、健診時に抗体検査を受けられます。

事業所健診を受診の方は、お勤め先にお問い合わせください。

※健診受診時は抗体検査のみです。予防接種は実施しておりません。

 受診の流れ

  1.  クーポン券と身分証明書を持参して医療機関を受診し、抗体検査を受けてください。
  2.  検査の結果、十分な量の抗体が無かったときは、クーポン券と身分証明書、抗体検査結果通知を持参し、予防接種を受けてください。

※検査、予防接種は下記の実施機関で行ってください。

実施機関

市内での実施機関は以下のとおりです。

医療機関名 住所  電話番号  抗体検査 予防接種
石川医院 今町6丁目3-45 66-2140
内島医院 今町1丁目10-9 66-2446
霜鳥内科医院 市新町1丁目8-3 62-0579
田崎医院 本町2丁目9-23 62-1122
寺師医院 本町1丁目4-46 62-0137
はしもと小児科 上新田町449-7 61-2400
星野医院 本町4丁目2-37 62-0998
山谷クリニック 本所1丁目12-10 61-1388
見附市立病院 学校町2丁目13-50 62-2800

市外での実施機関については厚生労働省ホームページをご確認ください。

その他

 この他に、妊娠を希望する女性を対象にした風しんワクチン予防接種費用の一部助成も行っています。

詳細は、「風しんワクチンの予防接種費用を一部助成します」をご確認ください。

風しんとは

 風しんは、唾液などに含まれる風しんウイルスが咳やくしゃみで周囲の人に感染することによって起こります。潜伏期間は2~3週間です。軽い風邪症状ではじまり、発疹・発熱・後頸部リンパ節の腫れなどが主症状です。その他、眼の充血もみられます。発疹も熱も3日間でおさまるので「3日ばしか」とも呼ばれることがあります。合併症として関節痛・血小板減少性紫斑病・脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は患者3,000人に1人、脳炎は患者6,000人に1人くらいです。大人になってからかかると重症になります。

先天性風しん症候群とは

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障などの障がいが起こる可能性があります。

接種にあたっての注意事項

 効果や副反応をよく理解し、不明な点は予防接種を受ける前に医師に質問し、十分理解した上で接種を受けて下さい。

予防接種の効果

 予防接種を受けると95パーセント以上が免疫を獲得することができます。

副反応について

 主な副反応は、発疹、紅班、かゆみ、発熱、リンパ節の腫れ、関節痛などです。稀に生じる重大な副反応は、ショック、アナフィラキシー、急性血小板減少性紫斑病、急性散在性脳脊髄炎、脳炎、脳症などが報告されています。

接種を受けることができない方

予防接種は、体調の良い日に行うことが原則です。健康状態が良好でない場合には、医師に相談の上、接種するか否か決めて下さい。また、次の場合には予防接種を受けることができません。

  • 明らかに発熱(通常37.5℃以上)がある場合
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
  • この予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシー(全身のアレルギー反応)を起こしたことがある場合
  • その他、医師が接種が不適当な状態と判断した場合