本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新型コロナウイルス感染状況

新型コロナウイルス感染状況
(2022年9月29日更新)

見附市内の感染状況の更新終了について

9月26日より全国一律で陽性者の把握方法が変わり、新潟県においても把握方法が変わったことにより、各市町村ごとの人数が公表されなくなりました。

このため、見附市内の感染者数のお知らせは9月26日の公表をもって終了しました。

 

今後は新潟県のホームページにて感染状況の確認をお願いします。

新潟県ホームページ:県内の発生状況

令和4年9月26日までの見附市内での感染状況

(令和4年9月26日公表)

見附市内感染者数:5名(市内3825~3829例目)

(令和4年9月25日公表)

見附市内感染者数:10名(市内3815~3824例目)

(令和4年9月24日公表)

見附市内感染者数:18名(市内3797~3814例目)

(令和4年9月23日公表)

見附市内感染者数:12名(市内3785~3796例目)

(令和4年9月22日公表)

見附市内感染者数:23名(市内3762~3784例目)

(令和4年9月21日公表)

見附市内感染者数:3名(市内3759~3761例目)

(令和4年9月20日公表)

見附市内感染者数:2名(市内3757~3758例目)

(令和4年9月19日公表)

見附市内感染者数:10名(市内3747~3756例目)

(令和4年9月18日公表)

見附市内感染者数:6名(市内3741~3746例目)

(令和4年9月17日公表)

見附市内感染者数:23名(市内3718~3740例目)

(令和4年9月16日公表)

見附市内感染者数:21名(市内3697~3717例目)

(令和4年9月15日公表)

見附市内感染者数:37名(市内3660~3696例目)

(令和4年9月14日公表)

見附市内感染者数:20名(市内3640~3659例目)

(令和4年9月13日公表)

見附市内感染者数:12名(市内3628~3639例目)

(令和4年9月12日公表)

見附市内感染者数:11名(市内3617~3627例目)

(令和4年9月11日公表)

見附市内感染者数:43名(市内3574~3616例目)

(令和4年9月10日公表)

見附市内感染者数:13名(市内3561~3573例目)

(令和4年9月9日公表)

見附市内感染者数:38名(市内3523~3560例目)

(令和4年9月8日公表)

見附市内感染者数:57名(市内3466~3522例目)

(令和4年9月7日公表)

見附市内感染者数:29名(市内3437~3465例目)

(令和4年9月6日公表)

見附市内感染者数:19名(市内3418~3436例目)

(令和4年9月5日公表)

見附市内感染者数:29名(市内3389~3417例目)

(令和4年9月4日公表)

見附市内感染者数:30名(市内3359~3388例目)

(令和4年9月3日公表)

見附市内感染者数:24名(市内3335~3358例目)

(令和4年9月2日公表)

見附市内感染者数:42名(市内3293~3334例目)

(令和4年9月1日公表)

見附市内感染者数:74名(市内3219~3292例目)

 

過去の公表分

 人権に配慮した行動をお願いします

 詮索や感染者に対する誹謗中傷はしないでください。感染者を責めるのではなく、支える側に立っていただきますよう、お願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(クリックで別ページが開きます)

(2022年10月4日更新)

新型コロナウイルス感染症患者に関する情報の公表について

 新型コロナウイルス感染症の患者に関する情報は、感染症法に基づいて新潟県が収集し、公表します。また、公表内容は、感染症法および厚生労働省が示している「一類感染症が国内で発生した場合における情報の公表に係る基本方針」に沿って公表しています。

 これらの法と基本方針に基づいて、感染拡大の防止に必要な範囲で公表することとされているため、感染者の市内における居住地域や他者に感染させる可能性がない部分の行動歴等については、原則として公表されないことをご理解いただきますようお願いします。

 なお、行動歴のうち、感染リスクのある場所、時間等については必要に応じて県が公表し、その場所、時間にいた不特定の方々に健康観察の呼びかけをする場合があります。これに該当する方は、人との接触を控え、発熱等の症状が生じた場合は新潟県新型コロナ受診・相談センターにご連絡いただきますようお願いします。

 

市では、新型コロナウイルス感染症に関する情報を次のとおり公表します。(令和4年10月4日)

見附市ではこれまで、市民の皆様への感染拡大防止と不安軽減を目的に、市職員等に感染者が発生した場合の情報を公表してきました。この度、公表基準の一部を変更し、より市民生活に影響を及ぼすと考えられる事案を公表対象といたします。

今後も各施設において感染症対策を講じながら業務を行いますので、引き続きご理解とご協力をお願いいたします

公表の対象
  1. 市関連施設の休業やサービスの縮小等
  2. 市立学校・公立保育園の休業等(学年・学級閉鎖は除く。一般開放施設の閉鎖は含む)
公表の内容

原則として次の情報のうち、感染拡大のリスクなどを勘案し、必要な情報を公表する。
ただし、施設名の公表については、個人の特定につながる恐れがある場合は個別に検討、判断する。

  1. 所属部署名または施設名
  2. 陽性判明日
  3. 人数
  4. 施設の休業やサービスの縮小の期間等
公表の方法
  1. 市ホームページ
    ※ 特に緊急性の高い公表内容である場合は、緊急情報メールでの配信も併せて実施する。
  2. プレスリリース

このページに関するアンケート

設問
このページの情報は役に立ちましたか? 
設問
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください