本文にジャンプします
メニューにジャンプします

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について
(2022年1月11日更新)
 新型コロナウイルスの影響に対する新たな経済対策として、住民税非課税の世帯などに対して10万円が給付されることが決まりました。これを踏まえて見附市でも「住民税非課税世帯等への臨時特別給付金」の給付に向けて準備を進めているところです。

 詳細が決まりしだい、市ホームページや広報みつけ等でお知らせします。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

支給対象者

【住民税非課税世帯】

 基準日(令和3年12月10日)において、世帯全員の令和3年度分住民税が非課税である世帯

 ※ただし、課税者に扶養されている者のみの世帯は対象外です。

【家計急変世帯】

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の収入が減少し、世帯全員の収入

 が住民税非課税水準以下となる見込みの世帯

申請方法 

【住民税非課税世帯】

 対象世帯へ見附市より『確認書』を送付しますので、必要事項を記入して返送していただきます。

 確認書の発送は、2月上旬を予定しています。

【家計急変世帯】

 申請が必要ですが、対象世帯の特定が難しいため、市から個別にご案内することができません。

 要件や必要書類などの詳細は、広報みつけ2月号などでお知らせします。

内閣府コールセンター(制度についての問い合わせ先)

 制度に関するお問い合わせは、内閣府のコールセンターをご利用ください。

 《電話番号》0120-526-145(フリーダイヤル)

 《受付時間》午前9時~午後8時