本文にジャンプします
メニューにジャンプします

令和3年分所得税の確定申告

令和3年分所得税の確定申告
(2022年1月24日更新)

令和3年分申告相談会の日程等について

 令和3年分の確定申告・市県民税申告相談会は下記の日程で開催します。

見附市役所会場

 見附市役所 4階 大会議室

 令和4年2月16日(水)~令和4年3月15日(火) 

 ※土、日及び祝日は除きます。

 

 市役所会場の申告相談会は事前予約制となります。予約の詳細については以下の「申告相談会の事前予約制について」をご覧ください。

リサーチコア会場(三条税務署主催)

 三条市須頃1丁目17番地 燕三条地場産業振興センター6階 研修室1・2・3

 令和4年2月14日(月)~令和4年3月15日(火)

 ※土、日及び祝日は除きます。

 ※上記期間中、三条税務署庁舎では申告相談を行っておりませんのでご注意ください。

 

 申告会場の混雑緩和のため、会場への入場には当日配布又は国税庁LINE公式アカウントから事前に取得した「入場整理券」が必要です。

申告相談会の事前予約制について

 見附市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、申告相談会場内の混雑緩和、待ち時間短縮を図るため、確定申告・市県民税申告相談会を日時指定の事前予約制とさせていただきます。予約がない場合は受付することができません。

申告相談会の予約に関する情報は下記リンクをご確認ください。

確定申告の関係用紙の窓口設置について

 確定申告の関係用紙は、2月1日(火)から市役所1階ロビーに設置予定です。

申告書類が必要な人へ(お願い)

 電子申告の普及に伴い、市に配布される申告書類には限りがあります。申告書類は1人1部まででお願いします。
 また、国税庁ホームページの確定申告などの様式・手引きから申告書類をダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

申告書にはマイナンバーの記入が必要です

 社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入により、平成28年分以降の確定申告書の提出の際には、「マイナンバーの記載」と「本人確認書類」の提示又は写しの添付が必要です。(e-TAX申告の場合、提示又は添付は不要です。)

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方

マイナンバーカードだけで、本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。

マイナンバーカードをお持ちでない方

以下の「番号確認書類」と「身元確認書類」の両方が必要となります。

  • 番号確認書類(ご本人のマイナンバーを確認できる書類)通知カード、住民票の写し又は住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載があるものに限ります。)などのうちいずれか1つ
  • 身元確認書類(記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類)運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポート、身体障害者手帳、在留カードなどのうちいずれか1つ

確定申告の際の注意事項

記帳をもとに申告をお願いします

 平成26年1月から、営業・農業・不動産所得等を生ずる業務を行う全ての人は、記帳と帳簿書類の保存が必要となっています。確定申告や市県民税申告でこれらの所得を申告する際は、帳簿等をもとに収支内訳書や申告書を作成してください。

復興特別所得税の記載をお忘れなく

 所得税の確定申告をする人は、確定申告書の「復興特別所得税額」欄の記載漏れにご注意ください。平成25年分から令和19年分までの各年分については、所得税と併せて復興特別所得税の申告及び納付をすることとされています。
 復興特別所得税の額は、各年分の基準所得税額(原則として、その年分の所得税額)に2.1%の税率を掛けて計算した金額です。

申告に関するお問合せ先

確定申告に関すること

三条税務署(0256-32-6211 ※自動音声案内)、または国税庁ホームページ(以下画像リンク)をご覧ください。

国税庁確定申告特集_バナー画像

市・県民税の申告に関すること

税務課民税係(0258-62-1700/内線121・122・123・130)