ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市基盤部 > 都市環境課 > 木造住宅の耐震診断費を補助します

本文

木造住宅の耐震診断費を補助します

ページID:0001322 更新日:2024年4月1日更新 印刷ページ表示

木造住宅耐震診断費補助金について

 見附市では、住宅の耐震診断を希望される方で、次の内容に該当する木造住宅を対象に耐震診断料の一部を補助します。補助を希望される方は、申込書に必要事項をご記入のうえ、事前にお申込みください。なお、診断後の申込みは受付できませんのでご注意願います。

補助の対象となる住宅(下記の1~6のすべてに該当するもの)

  1. 市内に所在する個人所有の一戸建て住宅
  2. 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
  3. 主要構造部(壁、柱、床、屋根)が木造である住宅
    (枠組み壁工法、丸太組工法及び木造高床式については、高床の部分は対象外です。)
  4. 併用住宅は過半以上が居住部分である住宅
  5. 対象者は、対象住宅の所有者または居住者であり、かつ、市税の滞納がない者
  6. 過去に市の耐震診断の補助金を受けていない者

申込み期間

令和6年4月15日(月曜日)から令和6年11月22日(金曜日)まで
※補助金交付申請額が予算に達した時点で受付を終了します。
※令和6年12月6日(金曜日)までに実績報告書を提出してください。

補助金額

 補助の対象範囲の延べ床面積に応じて定めた耐震診断料から1万円を差し引いた額とします。ただし、診断する住宅の状態や175平方メートルを大きく超える住宅については自己負担額が増える場合があります。

耐震診断の対象となる延べ床面積が70平方メートル以下のもの

  • 耐震診断料※ 70,000円
  • 補助額(限度額※) 60,000円
  • 自己負担額 10,000円

耐震診断の対象となる延べ床面積が70平方メートルを超え175平方メートル以下のもの

  • 耐震診断料※ 80,000円
  • 補助額(限度額※) 70,000円
  • 自己負担額 10,000円

耐震診断の対象となる延べ床面積が175平方メートルを超え240平方メートル以下のもの

  • 耐震診断料※ 100,000円
  • 補助額(限度額※) 90,000円
  • 自己負担額 10,000円

※耐震診断料は(社)新潟県建築士会長岡支部見附ブロック会との協定金額を参考として示しています。

 延べ床面積が240平方メートルを超える場合は、超えた面積1平方メートルにつき500円が診断料に加算されます。(補助額は90,000円が限度です。)

申込み

市役所1階 都市環境課 都市政策室 都市・住宅政策係
詳しくは、都市環境課 都市政策室 都市・住宅政策係 Tel 62-1700(内線163)までお問い合わせください。

様式ダウンロード

申込書 [Wordファイル/16KB]
申込書 [PDFファイル/68KB]
交付申請書[Wordファイル/37KB]
交付申請書[PDFファイル/81KB]
実績報告書 [Wordファイル/16KB]
実績報告書 [PDFファイル/88KB]
変更申請書 [Wordファイル/15KB]
変更申請書 [PDFファイル/53KB]
取下申請書 [Wordファイル/17KB]
取下申請書 [PDFファイル/44KB]
補助事業実施フロー図[PDFファイル/46KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)